PAGE-1   PAGE- 2   PAGE-3   PAGE-4   PAGE-5   PAGE-6   PAGE-7   PAGE-8


  ■ User's voice  4   

DVD化賛成 ( No.450 )
日時: Description4 /12/19 21:19
名前: atu
ぜひビデオ講習をDVD化してください!応援します!やっぱDVDはかさばらないので保管が楽!ビデオだと置き場に困っちゃうんですよね

ビデオ講座お申し込みありがとうございます。 ( No.483 )
日時: 2004/1/8 23:16
名前: 吉武瞳言
こんばんは。
ビデオ講座のお申し込みありがとうございます。
早速、発送させて頂きたいと存じますが、
「ビデオ講座」はバックナンバーについても
今後、1月中には「DVD版」を予定しており、
それに伴って、今週中に「講座のサンプル版」の
お知らせをメールマガジンで打つ予定ですので
もし、「DVD版」の方をご希望されるか、
または「サンプル」をご覧になってから、と思われるようであれば
その後であらためて「時計算」のお申し込みを頂いても
結構ですので、その場合は折り返しメールでご連絡下さい。
ご連絡がない場合は今週土曜日の発送の予定で、
「ビデオ版の時計算」をお送りいたします。
ホームページの更新が間に合わずインフォメーションが
遅れて申し訳ありませんが
宜しくお願い致します。
一般知能速解センター
吉武瞳言
メッセージなど ( No.524 )
日時: 2004/1/27 18:50
名前: ST
5.メッセージなど:「仕事算@」を受講させてもらいましたが、
           すごく分かりやすくて良かったです。
Re: メッセージなど ( No.525 )
日時: 2004/1/28 1:06
名前: 吉武瞳言
こんばんは。
「通過算」のビデオ講座受講のお申し込みありがとうございます。
まずは、レジュメを送信致しますのでまずご自分で予習をなさって下さい。
ビデオ教材は一両日中に発送できると存じます。
発送時にご一報差し上げますので今しばらくお待ち下さい。
宜しくお願い致します。
吉武瞳言

※前回は「仕事算」の受講ありがとうございました。
そして「分かりやすく良かった」とのコメント大変うれしいです。
このようなご意見を頂くことが私のエネルギーになります。
これからも勉強頑張ってください!
感想と希望です。 ( No.528 )
日時: 2004/1/30 22:31
名前: 福岡市NT
このサイトで超高速解法に出会ったことで、数的推理の苦手意識がなくなって模試などでもかなりできるようになってきました。あとは空間図形が苦手ですのでビデオが発売されたらすぐに購入したいと思います。
社会人ですが。 ( No.530 )
日時: 2004/2/1 14:00
名前: SAGASI
当方は現在、証券会社に勤務しながら公務員への転職を目指して独学中の社会人2年目の24才(男)です。一般教養系は昔取ったきねづかという感じで割りと大丈夫なのですが「一般知能」だけがどうにもならず、途方に暮れていましたが、この超高速解法を見つけて本当に心強く思います。おかげで一般知能攻略のイメージがすごく湧いてきていますのであとは仕事と勉強時間との戦いだと思っています。
アンケート回答です! ( No.535 )
日時: 2004/2/2 23:12
名前: 習志野
このビデオを購入した理由は、数学が嫌いなのでどうにかしたいと思ってメールで質問をしたときに、きちんと回答をして頂いたことがきっかけです。それで、同じ先生の講義ビデオということで思い切って受講したのですが、数学がほとんどでてこないのでとってもわかりやすかったです。それから、比について基本をやりなおそうと思って昔の教科書を見直しているうちに小学校や中学校の時に学校で習った基本公式も公務員試験では結構でてくるんだということがわかって気持ちが楽になりました。これで一般知能の苦手意識が直ったような気がします。
初回アンケートについて ( No.541 )
日時: 2004/2/5 19:59
名前: エムエム
これまで、超高速解法のメルマガは「速さ・時間・距離」といった問題が中心でしたので、それ以外の分野でもでもこんなにすごい超高速解法があることを知って嬉しいです。ビデオを1回見ただけでこれまで大きらいだった食塩水の問題とかがいきなりできるようになったことも嬉しい驚きです。それで、こういったものすごい解き方がのっている本とかは見たことがないので、今後は公務員試験の問題のあらゆるパターンの超高速解法をメルマガやビデオでやってほしいです。

質問です。 ( No.570)
日時: 2004/2/18 23:42
名前: ok
公務員を目指して勉強している者です。質問ですが、以下の問題にはどのようにして逆比、あてはめを適用すればよいのかわかりませんで
したので、お教えください。

プールにA管とB管で給水する。はじめ、A管とB管両方開いたところ
3分間でプールの1/4まで水がたまった。後、B管を閉じると15分間で
満水となった。今度は、同じプールに、はじめA管だけで5分間注水した後、B管も
開いて注水する。このとき、注水開始から何分で満水になるか。

1.11分 2.12分 3.13分 4.14分 5.15分
Re:質問です。 ( No.571 )
日時: 2004/2/19 1:53
名前: 吉武瞳言
質問ありがとうございます。お答えします。

この問題は「仕事算」の典型問題です。
仕事算は通常の参考書では「仕事全体」を安易に「1とする」解法が
多いですが数学の不得意な方は文字と分数だらけの式になってアウトですのでご注意下さい。
では、以下に解法解説を載せます。

●プール一杯を勝手に「60」としてみよう。
●(A+B) 3分で「15」なので (A+B) 1分では「5」を注水できる。
●Aのみ15分で残り「45」なので、A 1分では「3」だな。

●A 5分なので 「3」×5分=「15」入ったので、
●「60」−「15」=「45」これが残り。
●これを(A+B)で入れるのだから、「45」÷「5」=9(分)かかる。
●5分+9分=14分

以上となります。
「」の中の数字は比ですが、リットル などの単位をつけてもOKです。

以上が「仕事算」の超高速解法の「ノーマル」な解法パターンですが、
「この問題」に限っていえば以下のようにも解けます。

★「Aのみで15分で3/4入った」のだから、A5分では1/4入る。
★Aで5分入れた後の残り3/4を(A+B)で入れるのだが、
★(A+B)3分で1/4入るのだから、3/4入れるのはその3倍の9分かかる。
★5分+9分=14分

というように★の解法に気づけばほとんど計算せずに済みます。

以上、簡単に書きましたのでご不明の点があれば再度お尋ね下さい。
では、勉強頑張って下さい。
Re:吉武瞳言です。アンケートのお願いです。 ( No.573 )
日時: 2004/2/22 19:51
名前: ARITAN
実は、予想を(いい意味で)裏切られました。ホームページに載っていたのが普通の教室での授業風景の写真でしたので、予備校とかの授業を生撮りしたものと思い込んでいたのですが、それとは全然違って近すぎるぐらい近い親近感溢れるもので感激でした。あまりのオモシロさに一気に見てしまったので、きちんと感想をいえる状態ではないですが、もしこれ以外のビデオも同じようなものであればぜひ購入させて頂きます。
Re:Re:件名なし ( No.579 )
日時: 2004/2/26 20:02
名前: OG
私は文系なので、一般知能の特に数的推理の方程式が大の苦手で、いろいろ参考書もそろえたのですが、模試の結果がさっぱりで、予備校の授業もさっぱりで(笑)、といって捨て科目には絶対出来ないですから悩んでいたのですがこのビデオで光がさしてきました。実は姉と二人で見ているのですが、姉もひたすら見入っていました。(彼女は受験生ではありませんが。笑)。なぜこんなに簡単に解けてしまうのか不思議ですが、あとはこれを自分のものにするために頑張ればよいというふうに勉強の道が見えたことが一番よかったと思っています。
Re: こんにちは、吉武瞳言です。アンケートのお願いです。( No.580 )
日時: 2004/2/27 23:07
名前: 長崎・イシイ
講義以外の余計なものがまったくないのが大変よい。ホムペには「武骨な作り」と書いてあったが、パッケ ージとかもXXXの通信教材よりよっぽど質が高い。もちろん中身は期待以上によかった。
超高速解法入門希望 ( No. 711)
日時: 2004/6/26 23:45
名前: Mストーン
メルマガ拝読してます。
“凄い”の一言です。
数学の授業に取り入れれば
数学嫌いの学生、小生含めも少なくなるのでは(笑)
HP見ました。 ( No.718 )
日時: 2004/6/30 2:52
名前: HY
はじめまして、私は今年の春に大学を卒業し、
4月から某専門学校で公務員を目指し、
勉強している者です。 
大学4年間のうちに数学系はもちろん、
歴史、化学などサッパリ忘れてしまっていて、
勘を取り戻すのに苦労しています。。。

今日、食塩水の問題に取り組んでいて
大体は解けるのですが、どうしても解らない問題があって
何か解けるヒントはないか・・とヤフーで検索したところ、
一般知能 超高速解法 に辿り着きました。
そこで、食塩水に関する超高速解法のバックナンバーを
読んだのですが、やはり解りませんでした(涙
問題は以下のとおりです。

濃度がわからない食塩水がある。これに水100gを加えると
濃度が5%になった。また、4%の食塩水200gを加えると
濃度が6%になった。もとの食塩水の濃度を求めよ。

お忙しいとは思いますが、どうかご指導
よろしくお願いします。
Re: Re:Re: HP見ました。 ( No. 720)
日時: 2004/6/30 20:12
名前: HY
メールありがとうございます。

選択肢は、
1.5%  2.8%  3.10%  4.12%  5.15% 
・・・です。

あと、もうひとつ質問があるのですが、
「川の上流Aから下流のBまでボートで往復する。
下りは100分かかり、上りは4m/分スピードを上げたが
125分かかった。静水時のボートのスピードを求めよ。
AB間の距離は2000mである。
1.14m/分  2.16m/分  3.18m/分
4.20m/分  5.22m/分

・・・という問題です。超高速解法のやり方で
挑戦しようとしたのですが、
「上りは4m/分スピードを上げたが」という部分を
どのように考えたらよいのか解らない状態です。
はじめは、静水時のスピードをV(m/分)、
川の流れをa(m/分)とおいて、
2000=(V+a)×100
2000=(V+4-a)×125
という式を立てて解きました。

よろしくお願いします。

Re: Re: Re:Re: HP見ました。解答です。 ( No.722 )
日時: 2004/7/1 1:59
名前: 吉武瞳言
----------------------------------------------------
濃度がわからない食塩水がある。これに水100gを加えると
濃度が5%になった。また、4%の食塩水200gを加えると
濃度が6%になった。もとの食塩水の濃度を求めよ。
 1.5%  2.8%  3.10%  4.12%  5.15% 
----------------------------------------------------
まず、一般知能は数学とは異なりますので
必ず選択肢を「見る!」ようにして下さい。
そして、「解く」のではなく「当てる」感覚も磨いてください。
すべて方程式でやっていては時間が足りませんので。

※「当てる」というのは選択肢から「ピックアップ」するという感覚です。

では、(XXさんが食塩水は大体解ける、と書いていらっしゃるので)
XXさんが濃度問題の基本の「天秤法」をすでに学習済みで
いらっしゃるという前提で解説致します。

結論からいうとこの問題は
「天秤法」の図をちょこちょこっと2個書いて簡単に終了できるレベルです。
「計算」は一切必要ありません。

●まずは、「濃度0%の水100gとの混合」について
順番に選択肢を「見て」いきます。

1.0%100gと混合して5%になる濃度で5%はありえませんので
選択肢1番が考える必要なく大バツで瞬間的に消えます。

2.濃度天秤の図により、8%−5%=「3」%、がすぐわかりますが
逆比で水の重さ100gが「3」という比にはなりえないので
ほとんど瞬間的に大バツで選択肢2番も消えます。

3.0%100gと10%を混ぜて5%なので即座に「10%100g」と
わかりますね。(0%と10%のちょうど真ん中の5%なので同量gです)
そこで、この「10%100g」と「4%200gの」混合結果は
天秤法でパッと6%とでますので、これで「当たりぃ!」で終了です。

文章で説明すると「長い」ですが実際には問題を読み終わってから、
正解の「ピックアップ」まで1分程度だと思います。


------------------------------------------------------
川の上流Aから下流のBまでボートで往復する。
> 下りは100分かかり、上りは4m/分スピードを上げたが
> 125分かかった。静水時のボートのスピードを求めよ。
> AB間の距離は2000mである。
> 1.14m/分  2.16m/分  3.18m/分
> 4.20m/分  5.22m/分
------------------------------------------------------
これは、「流水算」ですが「下り」と「上り」の「静水時の速さ」が
異なる点に気をつけて下さい。(ですから「4つの速さの表」は使えません)

> 2000=(V+a)×100
> 2000=(V+4-a)×125
という式は完璧ですのでこれでOKです!

でも、「超高速解法」的にやるなら

まず、
2000÷100=20(下りの速さ)
2000÷125=16(上りの速さ)

と「下り」と「上り」の速さを具体的にポンと出して
このとき上下で「静水時の速さ」が「異なる!」ことに注意して

元祖静水+流=20(下り)
元祖静水+4−流=16(上り)

とワンクッションおいてから

元祖静+流=20
元祖静−流=12

とすれば 和差算で(方程式として解いてももちろんOKです)

元祖静=16、流=4 とすぐでます。


>「上りは4m/分スピードを上げたが」という部分
はこの問題が「流水算」として若干イレギュラーであること
を示しますので「超高速解法」の「4つ速さの表」にパッと
書くことは出来ません。悩まれたと存じますが、上下で
「静水時の速さ」を「いじられる」とちょっといやな感じですね。


以上で何かご不明な点がありましたら何度でも
ご質問下さい。
一般知能速解センター
吉武瞳言

Re: Re: Re: Re:Re: HP見ました。解答です。 ( No.724 )
日時: 2004/7/2 19:49
名前: HY
こんばんわ。
詳しい解説、どうもありがとうございました!
とても参考になりました。
他の問題も超高速解法で挑戦しています。
またわからない問題が出てきたら
そのときはご指導よろしくお願いします。
本当に、ありがとうございました。
質問 ( No.725 )
日時: 2004/7/2 23:09
名前: T-I
こんにちは。
今回も模擬試験の問題で解説を読んでも理解できなかったものについて,
お願いします。

1辺に奇数個の石が並んでいる正方形の方陣がある。
縦の偶数行目および横の基数行目の石をすべて取り除いたところ,
取り除かれた石の数は217個であった。もとの正方形の一辺の石の数はいくつか。

解)(2n+1)列の正方方陣であるとする。残った石は縦に(n+1)行(?)
  横にn列(?)並んでいる。したがって,取り除かれた石の数は
  (2n+1)∧2−n(n+1)=3n∧2+3n+1=217
  これより,n=8
  もとの1辺は(2n+1)であるから,17個となる。

この解説で1辺を(2n+1)や縦を(n+1)行,横をn列と考えていますが,
具体的に○印を書いて考えても理解できませんでした。

どうぞよろしくお願いします。
また,もう1問あるので近日中にメールします。

Re: Re: 質問 ( No.727 )
日時: 2004/7/3 9:43
名前: T-I
選択肢
 1.14個
 2.15個
 3.16個
 4.17個
 5.18個

正解は選択肢4です。


> こんばんは。
> 勉強がんばっていらっしゃいますね。
> まずは
> 選択肢5個もお知らせ下さい!
Re: Re: Re: 質問 ( No.728 )
日時: 2004/7/3 22:58
名前: 吉武瞳言
こんばんは。
--------------------------------------------------------------------
1辺に奇数個の石が並んでいる正方形の方陣がある。
縦の偶数行目および横の基数行目の石をすべて取り除いたところ,
取り除かれた石の数は217個であった。もとの正方形の一辺の石の数はいくつ
か。
 1.14個
 2.15個
 3.16個
 4.17個
 5.18個
---------------------------------------------------------------------

このような数列の問題は、まず具体的に「書く」のが一番です。

5×5とかをまず書いて

○○○○○
●○●○●
○○○○○
●○●○●
○○○○○

それに付け加えて7×7を書いてみれば

○○○○○○○
●○●○●○●
○○○○○○○
●○●○●○●
○○○○○○○
●○●○●○●
○○○○○○○

すぐに「●:残った石」の≪規則性≫が「見えます」ね。
ポイントはこの「規則性」を模試の解説のように「n」
を使ってややこしく「数式化」する必要はない!ということです。
書く手間を惜しまず答にたどりつくまで
書けば確実に「終了」できます。

では、≪規則性≫にしたがって「書いて」いきましょう。

≪規則性≫
5×5なら、●は2×3
7×7なら、●は3×4

ですから、

9×9なら、●は4×5
11×11なら、●は5×6
13×13なら、●は6×7
15×15なら、●は7×8
17×17なら、●は8×9 ←★

ここで、選択肢の内で奇数のものをみてみると
15×15=225 225−217=8
17×17=289 289−217=72 ←★

これで★で当たりますので終了です。

「数列」の問題は市販の参考書でもほとんど
数式で解説してありますが、数学が得意な人以外は
おすすめしません。
むしろ「とにかく書きながら」規則性をみつけて
答にたどりつくほうが確実です。
一見原始的に見えますが、私は授業でももっぱら
この「書く」方法を示しています。

以上でなにかご不明の点がありましたら
再度メールをお願いします。
一般知能速解センター
吉武瞳言

Re: Re: Re: Re: 質問 ( No.729 )
日時: 2004/7/4 16:21
名前: T-I
こんにちは。
前回の解説,とてもよくわかりました。
簡単なものを難しく書いてある参考書が多いので,
苦手意識を持ってしまうことが多いのですが,
今回のように具体的に考えると,とてもわかりやすかったです。
ありがとうございました。

さて,今回も模試の問題からの抜粋です。

長符号と短符号を並べて信号を送りたい。長符号の長さを2秒,短符号の長さを1秒,
各符号間の間隔を1秒とし,25秒間にわたって送信を行うとすると,全部で何種類
の信号を送信することができるか。
 1.66種類
 2.210種類
 3.330種類
 4.615種類
 5.722種類

解)長符号m回,短符号n回の送信を行うとすると,
  2m+n+(m+n−1)=25
  整理すると 3m+2n=26…?
  ?式を満たすm,nの組を求めると
  (m,n)=(2,10),(4,7)(6,4)(8,1)
  ところで,長符号をm回,短符号をn回含む符号の数は,
  m+n個の中からm個を選ぶ組合せの数に等しく,m+nCm個。
  したがって,送信することのできる信号の数は
  12C2+11C4+10C6+9C8=615
 
 このような解説となっていたのですが,2行目からすでにわかりません。
 
 さらに質問がもう1つ。
 順列と組合せの使い方の違いですが,
 並べる=順列,それ以外=組合せ,と考えてしまってよいのでしょうか。

以上2点,よろしくお願いします。

Re: Re: Re: Re: Re: 質問 ( No.730 )
日時: 2004/7/4 20:08
名前: 吉武瞳言
まず、順列と組み合わせの違いですが
簡単にいえば
・順列は順番を気にする「並べ方」
・組み合わせは「選び方」
となります。
ただ、実際の出題ではこの2つがブレンドされること
も多いのでその都度切り分けて判断しなければなりません。
逆にいえば、その問題を見て「順列」なのか「組み合わせ」
なのか、あるいはそのブレンド具合の見分けがつけば
解けたも同然!ということになります。

さて、
この問題は「組み合わせ」の問題ですが
いきなり「数式」で考え始めるのではなくまず図を書いて下さい!

長符号(2秒間)を「22」として、
短符号(1秒間)を「1」として、
各符号間の間隔(1秒間)を「-」としてみます。

前回同様、数式ではなく、とにかくまず図を「書いて」下さい!!

では、長符号を中心に考えて書いてみます。

長符号をなるべく多くすると長符号8回(すると短符号1回)となるのが
すぐわかりますね。

22-22-22-22-22-22-22-22-1

そのあと7回にすると短符号が2回となりますがラスト1秒が「-(休み)」

22-22-22-22-22-22-22-1-1-

となり合計24秒で題意に反しますので、以降、
下図のように書けば
長符号は8回、6回、4回、2回のみ25秒がなりたち、そのとき
短符号は1回、4回、7回、10回とわかります。

くどいようですが以上のことは「書けば」すぐわかります。
全部のパターンをまとめると下図となります。

-------25sec.------------
22-22-22-22-22-22-22-22-1
22-22-22-22-22-22-1-1-1-1
22-22-22-22-1-1-1-1-1-1-1
22-22-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1


そして、この4つのパターンを上から順にA,B,C,Dとします。

A:22-22-22-22-22-22-22-22-1(符号は9箇所)
B:22-22-22-22-22-22-1-1-1-1(符号は10箇所)
C:22-22-22-22-1-1-1-1-1-1-1(符号は11箇所)
D:22-22-1-1-1-1-1-1-1-1-1-1(符号は12箇所)


それぞれのパターンで、長符号と短符号の「組み合わせ」が各々
何通りあるかを求めます。

Aは9箇所から長符号8個の場所を「選び」ますので9C8=9(通り)
Bは10箇所から長符号6個の場所を「選び」ますので10C6=210(通り)
Cは11箇所から長符号4個の場所を「選び」ますので11C4=330(通り)
Dは12箇所から長符号2個の場所を「選び」ますので12C2=66(通り)

9+210+330+66=615(通り)

これで終了です。

尚、ここでは、「組み合わせ(選び方)」の求めるのに「C」を使いました。

授業中は「C」の意味を(「C」を忘れてしまっている人・知らない人)の
ために「樹形図」で丁寧に解説した後で使うようにしていますが
ここでは詳しい説明は便宜上省略します。
もし「C」の意味や計算方法がわからないという場合は
あらためてメールをお願い致します。

それと、この問題は3種・初級レベルとしては文意が取りにくく、
やや難しいように思いますので
本番で出題されたとしても正解率はかなり低いと存じます。
捨て問ギリギリでしょうね。

Re: 超高速解法「ビデオ講座」(発送致しました。) ( No.741 )
日時: 2004/7/8 19:57
名前: T.N
早速お送りいただきありがとうございました。
今日届きました。
家人は帰宅するなり ビデオを見ています。 方程式を使わずに 比でいとも簡単に解けてしまうのが 手品を見るように驚きです。 
明日 送金いたします。 お忙しい中、いろいろご面倒をおかけいたしました。
ますますのご活躍をお祈りいたします。

Re: Re: 超高速解法「ビデオ講座」(発送致しました。) ( No.742 )
日時: 2004/7/9 7:44
名前: 吉武瞳言
T.N様
メールありがとうございます!
「手品」というのは初めて言われましたが
大変嬉しいです。
今回の「入門」は超高速解法のごく一端ですが、
「比」は本当に奥深いので
これからも他の分野についての教材を発刊して
参りますので宜しくお願い致します。
一般知能速解センター
吉武瞳言
 
※後日メールにてアンケートをお願い致しますので
宜しくお願い致します。

ありがとうございました。&質問4 ( No.764 )
日時: 2004/7/20 21:22
名前: T-I
ご多忙の中,ご解答ありがとうございました。
暑い日が続きますが,お体にお気を付けください。

◆さて,今回もご質問があります。
A君とB君は体力作りのために坂道を上り下りしている。A君は坂の下から上るのに3
分,下るのに2分かかり,B君は坂の下から上るのに4分,下るのに3分かかる。2
人が同時に坂の下から出発して,2人とも1往復するごとに1分間の休憩を取るもの
とする。出発後2人が2度目に出会うのは何分何秒後か。
 1.6分15秒後
 2.6分30秒後
 3.6分40秒後
 4.6分45秒後
 5.6分50秒後


解説を見るとダイヤグラムを使っていました。
今まで勉強したことがないものなので,わかりません。
どうぞよろしくお願いします。

超高速解法「ビデオ講座」申し込み ( No.792 )
日時: 2004/8/3 3:34
名前: RYU
≪以下の項目を記入の上送信をお願い致します≫
1.希望するビデオ講座タイトル:入門講座(DVD)
5.メッセージなど:
 数的処理がとにかく苦手で、解けるにしても時間がかかりすぎてしまいます。
 本講座を拝見して大変なショックを受けました。今まで参考書などは何冊も買ってきましたが、どれも似たようなもので、実力がついた・早く解けるようになったという実感があまり感じられないままでした。
 一般の参考書の解法では、解くのに時間がかかりすぎるような気がして、自分には数的処理を1問数分で解くのは無理だと思っていました。ですが、本講座の解法は、実に合理的かつ実戦的で、何より解く時間を短くできる点がすばらしい。
 「もっと早く本講座に気づいていれば」「今まで何を勉強してきたのか」というのが正直な感想です。方程式から脱却して、「秒殺」できるようになりたいです

Re: 超高速解法「ビデオ講座」申し込み ( No.795 )
日時: 2004/8/4 4:35
名前: 吉武瞳言
RYU様
お返事遅くなりました。
あらためまして
DVD講座のお申し込みとメッセージありがとうございました!
数的推理については「超高速解法」の体系を学ぶうちに
いわゆる数学的解法とはまったく違った世界が広がって
問題を解くことそのものが楽しくなりどんどん速く解けるように
なっていくはずです。

お申し込み頂いたDVD「入門」では、簡単な「導入部分」と「速さ」分野での超高速解法の一例を示していますが
このメールに続けて「レジュメ」を送信致しますので、ぜひ予習をされてからDVDをご覧下さい。

※「レジュメ」の中の「チャレンジ2」は大変有名な過去問で、
メルマガ読者の方からの質問も多い問題ですので
今回、超高速解法の例題として取り上げております。

●DVDは昨日朝一番で発送済みですので今日か明日中には
お手元に届くかと存じますので宜しくお願い致します。

猛暑の折、勉強大変だと思いますが
体調に気をつけて頑張って下さい!
一般知能速解センター
吉武瞳言

Re: Re: 超高速解法「ビデオ講座」申し込み ( No.807 )
日時: 2004/8/6 2:43
名前: RYU
こんばんは。

先ほど入門編のDVDを拝見しました。
メルマガを読んだだけでは何となくモヤモヤしていたところがよく理解できました。距離が等しいときは時間と速さが逆比になること、出会い・追い越しは和差算で解くということが一連の解法として身に付いた感じがします。

やはり、映像で解法を見ると、式の意味や解答に至るまでの考え方の流れがよく分かるので参考になりますね。
「ここまでの考え方は合っていたのに、ここで間違えたから答えが出ないのか・・・」というのが確認し易かったです。

方程式からの脱却というテーマからか、代数として「X エックス」を使わずに、☆などを使用するお心遣いもニクいですね。

気になった点は、プレイステーション2では動作が安定しないこと。一瞬途切れるようなことが何度かありまして、6章の途中からは全く見られなくなってしまいました。パソコンで再生したら途切れるような事もなく見られたので問題はないですが。

お忙しい所、長々と返信してしまって申し訳ないです。入門編が気に入ったので、本編も苦手分野の購入を検討したいと思います。
ところで、「入門編@」とありますが、「A」以降も制作される予定なのですか?

HPからのホットライン ( No.811 )
日時: 2004/8/7 17:42
名前: US
一般知能センター 吉武瞳言様

 こんにちは、「超高速解法」のビデオ講座を申し込んだUSと申します。
先日注文したDVDの一部が届いたので、早速レジュメを参照しつつ見てみました。
とりあえず「過不足算」を一通り見て、不等式等を使わず簡単に問題が解けるの
でとても驚いています。以前まで、この手の問題は不等式を立てて解くとなっていて、
その仕組みもよく理解できないままイライラしていたのが嘘のようです。
 レジュメの問題は大方解けるようになったのですが、ある参考書に載っている問題
が「超高速解法」で紹介されている解き方で解けるのかどうしてもわかりません。
その問題を下に書きます。

 ある学校で生徒への説明会を行うことになり、用意された長机に生徒を座らせることにした。
このとき、1つの長机に6人ずつ座ろうとすると4席以下の空席ができ、4人ずつ座ろうとすると
12人以上が座れなくなった。また、長机の半分には6人ずつ、もう半分には4人ずつ座ろうと
すると5人が座れなくなった。生徒の人数は何人か。

 この問題では、レジュメに載っているような問題と異なり、具体的に〜席余ったとか〜席
不足したといった情報が全く無いので、解き方がわかりません。このような問題でも30秒
といった短時間で解くことができるのでしょうか?「超高速解法」とは直接関係の無い質問
ですみませんが、どうか教えてくださるようお願いします。

Re: HPからのホットライン ( No.812 )
日時: 2004/8/7 19:51
名前: 吉武瞳言
取り急ぎです。
選択肢の中の「5の倍数」が答えということがすぐわかりますが
もし選択肢の中に5の倍数が2個以上含まれている場合は
1から5までの選択肢をすべてお知らせ下さい。

Re: Re: HPからのホットライン ( No.813 )
日時: 2004/8/7 20:11
名前: US
一般知能センター 吉武瞳言様

 早速の返信ありがとうございました。問題の選択肢は1 45人、
2 47人、3 49人、4 51人、 5 53人とあり、5の
倍数は1つしかありませんでした。

Re: Re: Re: HPからのホットライン ( No.820 )
日時: 2004/8/9 0:29
名前: 吉武瞳言
「長机の半分には6人ずつ、もう半分には4人ずつ座ろうと
すると5人が座れなくなった。」
という表現のみに注目する!
すると、6+4=10なので
生徒数は「10の倍数+5」とわかります。
これはすなわち5の倍数(下一桁が5)なので
選択肢に5の倍数(下一桁が5)がひとつしかなければ
それが正解となります。
前回メールで5の倍数と言ったのは下一桁が5という意味です。
(下一桁が0はありえませんので。)
取り急ぎですので
万一、正解が1番の45人でない場合!は折り返し
お知らせ下さい。

メルマガバックナンバー参照方法の件 ( No.830 )
日時: 2004/8/12 14:05
名前: カワマ
突然のメール大変申し訳ございません。

メルマガの最新号を拝見致しまして、
登録させていただいた者です。
この秋の公務員試験に向けて
仕事の合間に勉強できればいいと思いまして、
登録させていただきました。
問題の解き方に驚かされるばかりです。
できましたらバックナンバーを拝見させていただきたいので、
よろしければその方法を教えていただけますでしょうか。

宜しくお願い致します。

 初めまして。 DVD購入希望 ( No.851 )
日時: 2004/8/24 22:17
名前: KSY
 DVDを購入したくてメールをしました。
もう一つの方のからメールを送信しましたが、うまくいかないのでこちらからメール
をしました。
すいません。

 4流水算 5通過算 7売買算 14のべ算 18円の回転

質問: DVDを購入した後、分からない問題などがあった場合質問などすることは可
能なのでしょうか?
私は数学が本当に苦手で、このサイトを見て、理解したつもりでも、どうしても自分で解けない問題などが
必ずでてきてしまいます。もしメールなどで教えていただけるのなら大変助かるのですが・・。
Re: 初めまして。 DVD購入希望 ( No.853 )
日時: 2004/8/25 0:10
名前: 吉武瞳言
こんばんは。
DVD購入のお申し込みありがとうございます。
ご質問はDVDの内容については何度でも納得されるまでメール対応でしっかりアフターフォロー・サポートをさせて頂いておりますのでご安心下さい。

・メール送信の件ではこちらこそご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。
リンクがきれているのかもしれませんのですぐにチェックしたいと存じます。
今後万一うまくいかないときは hayawaza @ 8000.jp こちらにお願い致します。
お願いがございます ( No.856 )
日時: 2004/8/26 9:45
名前: カワマ
現在公務員の勉強をしている会社員です。

いつもバックナンバーを拝見させていただき、
目からウロコ状態です。
でも、そんな解き方があると思うと、
今まで嫌いだった計算の問題も、手をつける気になります。
ありがとうございます。

ところでちょっとお聞きしたいのですが、
確率問題、数列問題等については、
メルマガで解説などやっていただくことはできませんでしょうか。
自分は発想力に乏しいため、
超高速メルマガを読んで応用しようと思っても、
なかなかうまくいきません。
少しでも糸口を与えていただけるとありがたいです。
お忙しいとは思いますが、もし機会がありましたら
ご検討いただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。

今後ともお世話になります!
これからもすばらしい解説と発想を期待しております。

Re: お願いがございます( No.857 )
日時: 2004/8/26 22:17
名前: 吉武瞳言
こんばんは。
メールありがとうございます!
丁寧な文面を拝見いたしました。
私のメルマガやHPが少しでもお役に立っていれば
本当に嬉しい限りです。

超高速解法では
計算が必要な問題も比や逆比をうまく使うことによって
ぐっと楽に解きやすくしたり、
計算系以外でも問題の見方をちょっと変えることで
簡単に解くことをめざしていますが
それを受験生の皆さんに伝えるべくはりきって
これからもメルマガ配信して参ります。

私事ですがこの夏休みは、予備校の授業の方がつまっていて
メルマガをなかなか発行できませんでしたが
明日が夏期講習最終日となり一段落なので
気合を入れて執筆作業に入りたいと思っています。
確率や数列につきましても準備していきますので
今しばらくお待ち下さいますよう宜しくお願い致します。

まだまだ残暑が厳しいですし、
お勤めをしながらの勉強は本当に大変だと思いますが
合格めざして頑張って下さい。Fighting!
一般知能速解センター
吉武瞳言

質問 ( No.947 )
日時: 2004/10/22 20:05
名前: T.N
こんばんは

家人が何か質問があるそうです。 お時間があったら 教えていただけるとありがたいと申しております。

質問:

下記の問題も、公務員試験の別教材にあるものですが、「超高速解法」では、いかに解くのかご教示頂ければありがたいのですが。

甲 乙のニ地点間を、Aが甲地点から、Bが乙地点から同時に出発し、途中丙地点ですれ違い、その後Aは10分後に乙地点に、
Bは15分後に甲地点に着いた。
AがBとすれちがったのは、出発してから何分後か?
Re: 質問 ( No.955 )
日時: 2004/10/24 2:07
名前: 吉武瞳言
この問題は公務員試験としては「問題不適切」です。しかたありませんので(笑)ダイヤグラムで解きます。このダイヤグラムは二人の速さのグラフが典型的な「交差エックス(×の字)タイプ」ですのですぐ書けると思います。
ダイヤグラム中の徳利形(蝶々形)の2組の三角形の相似比(対応する辺の比)は等しい!ので、 X:15=10:X という比例式が立ちます。X=最初の出会いまでの時間です。※以上の解説で意味不明の場合はお知らせ下さい。吉武瞳言
PAGE-1   PAGE- 2   PAGE-3   PAGE-4   PAGE-5   PAGE-6   PAGE-7   PAGE-8
題名
所属・名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント   wasureta koro ni okotae suru kamo.

※質問や投稿や「削除依頼」は、当サイトトップページまたは右記フォームよりお願い致します。 → フォーム


★HOME              ★BACK