PAGE-1   PAGE- 2   PAGE-3   PAGE-4   PAGE-5   PAGE-6   PAGE-7   PAGE-8


  ■ User's voice  5   

超高速解法アンケート(回答致します) ( No.956)
日時: 2004/10/24 2:15
名前: 東京SA
方程式が苦手で参考書の解説を見てもいつも頭をかかえていたのが、この超高速解法のビデオを見た後ではウソのように思えます。とにかくわかりやすくてビックリしたというのが第一印象ですが、さらにテクニック的に深いものがあるので、少しでも早くマスターして一般知能を得点源にしたいと思います。
HP: ( No.957)
日時: 2004/10/24 9:54
名前: SZ
一般知能解法センター 吉武瞳言様

 おはようございます。以前、貴センターのビデオ講座の一部を購入した、SZと申します。
購入した分は、大変わかりやすく、問題を解くことが楽しく、条件反射のように解くことが
できるようになり、驚いています。

 このたび、残りのビデオの講座全てを購入できるめどがたちましたので、購入したいと思うので
すが、私の場合、支払いなどはどうなるのでしょうか?
 大変恐縮ですが、お返事をよろしくお願いいたします。
こんばんは。 ( No.962 )
日時: 2004/10/26 19:11
名前: 大chyan
こんばんは。お久しぶりです。熊本県のdaicyanです。昨年ビデオ講座を受けさせて頂いていました。
しかし、昨年は、思うような結果がでずに、苦戦してしまいましたが、先月、何と警視庁1類一次試験突破できました---!!! 
ものすごくうれしいです。警視庁は数的推理が多かった為、逆に強みになりました。分からない問題は、選択肢を利用し無理矢理解きました。 今は、二次試験の結果を祈る毎日です。   
昨年は何度も初歩的な質問等させて頂きありがとうございました。
Re: こんばんは。 ( No.963 )
日時: 2004/10/27 5:22
名前: 吉武瞳言
メールありがとうございます。
Dさんのことはどうされていらっしゃるのかずっと気になっていました。
警視庁1類すごいですね!
選択肢無理矢理!素晴らしい!
今回の一次突破はDさんの努力の賜物ですね。
昨年のメールのやり取りを今思い出しても、大変強い意志と継続力と持続力のある方だったという強い印象があります。
それと、実は、大変失礼ながら、当センターのスタッフの間ではDさんは
「SのDちゃん」と呼ばれていて「有名人」なんですよ。
ですから、今回もスタッフ一同(といっても今2人ですが、(笑)声を上げて喜んでいて
二次の結果もよいことをこころからお祈りしています。
また、ご連絡頂ければ幸いです。
吉武瞳言

超高速解法アンケート回答 ( No.988 )
日時: 2004/11/16 10:29
名前: かながわ
「売買算」は自分では結構得意のつもりでしたがGTB図は画期的だと思います。超高速解法の目からウロコのキャッチフレーズにいつわりなしですね。ストップウォッチで計りましたが目に見えて解答時間が短縮されました!

超高速解法アンケート回答 ( No.990)
日時: 2004/11/18 23:15
名前: 諏訪のMB
解法テクニックが詰まった密度の濃い内容でしたので、ものすごく期待以上でした。
超高速解法アンケート回答 ( No.995 )
日時: 2004/11/19 8:01
名前: ABC
売買算のビデオについてです。ビデオをみるまえにレジュメの演習8、演習9、演習10など手がつけれませんでしたし、売買算と聞くだけでも嫌気がさしていたのですが、GTBダンゴ図のおかげで、かなり自分自身成長したと思います。これから何回も繰り返して確実に力にしたいです。

超高速解法アンケート回答 ( No.998 )
日時: 2004/11/21 14:37
名前: 岡山県アールケイ
このビデオは、ひとつひとつ丁寧に丁寧に解説して下さるのがとてもよいのです。
ときどきあまりの発想のすごさにについていけないこともありますが、何度か見ると、その発想が自然に身に付く感じなのです。
まだ見ていないビデオの方が多いので一通り見終わったらこれからもいろいろと質問がでてくると思いますが、
今度は整理してメールをしますので宜しくお願い致します。

HPからのホットライン ( No.1032 )
日時: 2004/12/16 23:01
名前: TM
私は現在、民間企業で働きながら公務員をめざしていて、ある大手予備校の夜間部に通っていて数的推理の
授業を受けていますが、5年ぶりの勉強ということもあって、まったくついていけません。何かいい方法はな
いかとネットをしていたところ、この「一般知能の超高速解法」のホームページを見つけることができました
。こんなに楽に早く解けるものなのかとびっくりしました。まずは10単元を購入したいと思います。今回の
試験には時間的に間に合うかどうかわからないですけどやれるところまで頑張るつもりです。

こんにちは。 ( No.1040 )
日時: 2004/12/20 17:47
名前: Dcyan
こんにちは☆熊本県の『Sの大ちゃん』です☆
警視庁最終合格通知頂きましたぁ!!
合格者621人中200番台での合格でした☆警察官一本でやってきたので、夢が叶いとても嬉しいです!
自分を信じてきて良かったと思います。何だか燃えてきました!
超高速解法は本当にすごいです。本当にありがとうございました!!

合格おめでとうございます!! ( No.1041 )
日時: 2004/12/20 20:20
名前: 吉武瞳言
合格おめでとうございます!!
Sさんすごいです!!
バンザーイ!!
今、スタッフ一同万歳三唱してます。
Sさんの粘り強い努力が実を結んだんですね。
あきらめないチャレンジ精神で夢を現実にされたこと
本当に素晴らしいです。
この度は本当におめでとうございます!!
吉武瞳言


※こちらでも最終結果がずっと気になっていたんです。
今後は研修などもあってお忙しくなるかと存じますが
ときどきメールでご連絡などを頂戴できればとても嬉しいです。

Re: 超高速解法「DVD/ビデオ講座」ご回答お礼 ( No.1049)
日時: 2004/12/25 6:09
名前: TA
吉武瞳言様

早速のご回答をいただきありがとうございました。
条件等を確認いたしましたので、土曜日ですが
本日、25日に銀行にて手続きをいたします。
入金ご確認を戴けましたら宜しくお願いいたします。
私事ですが、パソコン購入を少し延期することに
いたしました。
                        以上

先ほど振り込みを終え送金は27日という案内がありました。
それとウッカリ申し忘れていましたが、自宅がマンションのため
DVDを希望いたします。VHSは置く場所が・・・。
宜しくお願いいたします。      パソコンはもう忘れました。
感想 ( No.1051 )
日時: 2004/12/26 3:13
名前: ながの
昨年受けた試験のうち2つの試験について持ち帰っていた問題を見直してみて、超高速解法で取り上げてい るパターンが、3問ありました。それで、解きなおしてみたらあっという感じで「解けてしまった」のでビッ クリです。ビデオを見た後でもレジュメの問題を結構自分でやっていたので解法パターンがかなり頭に入って いるんじゃないかという感じがしています。

Re:超高速解法DVDビデオ講座の件です。 ( No.1053 )
日時: 2004/12/27 17:58
名前: US
こんばんは、貴センターの「超高速解法講座」のおかげで、徐々に一般知能に対するアレルギーが無くなりつつあり、大変助かっております。
貴センターのホームページを見ていたら、「駄目な参考書の見分け方」というコーナーがあり、まさにその通りだと思いました。過去に、「駄目な参考書」で、ニュートン算や食塩水の問題を勉強しており、さっぱり解らず、同じシリーズの参考書の判断推理では、もっとひどく表の書き方も解らず、考え方も僕自身が理解できていませんでした。ですから、残りの講座(論理問題や暗号などを特に期待しております)も期待して待っています。
Re: DVD発送しました。 ( No.1065 )
日時: 2005/1/8 1:03
名前: TA
一般知能速解センター
吉武瞳言様

7日、教材が到着しました。
手持ちの機種では再生不可のため、コンパチ対応機種を購入するつもりです。
心強い御守をいただきありがとうございました。
先ずは受領のご連絡まで。
PS.不在のときには、ゆうパックは何度も来てくれるのですね。

Re: Re: DVD発送しました。 ( No.1067 )
日時: 2005/1/9 0:35
名前: 吉武瞳言
こんばんは。丁寧な到着のご連絡をありがとうございました。
再生不可の件、大変気になります。
これまでPS2での動作不安定は連絡を受けたことがありますが、
もし、そちらのハードウェア環境ではなく、当方のディスクに原因があるような
症状・状況でしたらご遠慮なくお知らせ下さい。
本日は早朝から缶詰状態でPCを見れませんでしたので
メールが深夜になり申し訳ありません。
DVD講座については図形関係のレジュメを近日中に発送致します。
また、補完講座や追加タイトルもお送り致しますので
宜しくお願い致します。
吉武瞳言

超高速解法DVDビデオ講座アンケート(回答) ( No.1069 )
日時: 2005/1/10 2:26
名前: 京都
ビデオを拝見して、メールマガジンだけでは今ひとつ理解できなかった部分がはっきり理解できました。や はり、ビデオとして動画講義を見るのが一番理解できる方法だと実感しました。残りもすべて購入したいと思 いますので宜しくお願い致します。
Re: 【謹賀新年】超高速解法受講生の皆様へ ( No.1075 )
日時: 2005/1/12 22:17
名前: TN
吉武様。

お忙しい中、新年の挨拶を頂き恐縮です。有難うございます。

50巻の完成も、またおめでとうございます。

小生をはじめ、完成を待ち望んでいた者は多かったと推測致します。

毎日、「50タイトルの内容説明一覧」を見、今日は出来ているかなと、チェックしていたのですが、詳しく読みもせず、ビデオの写真が写っていなかったので
勝手な思い込みで、出来上がりが遅れているのかと諦めておりました。

(実は正月の休みに挑戦しようと意気込んでいたのですが)

これで、また、毎日に張りが出てきました。

早速、下記の5巻を発注させていただきますので、よろしくお願い致します。


NO.24 倍数、NO.30 SUPERツルカメ算、NO31 SUPERツルカメ算、NO32.割合と比、NO33.公式文章題

初詣は、小生も家内も、雪国の生まれ,育ちなもので、何が何でも御参りに行くという習慣はなく、家で怠惰にゴロゴロしていました。

感想&セミナーのお尋ねをさせてください。 ( No.1085 )
日時: 2005/1/20 12:27
名前: 福岡SK
内容的に大変満足しております。梱包やメールでのご連絡もとても丁寧でよい印象を持ちました。DVD内で講
義をしている方が吉武先生でいらっしゃいますよね?メールでの文章を拝見して想像していた通りの温かみの
あるお人柄でいらっしゃると感じ入りました。ぜひ先生の講演を受けたいと思いますので開催日時などご予定
がございましたらご案内頂戴できればと存じます。以上宜しくお願い致します。
HPからのホットライン:質問が2点ほど... ( No.1114 )
日時: 2005/2/25 18:20
名前: KGYM
≪このメールボックスを利用してメッセージを送信すると、当サイト責任者の吉武瞳
言に直接届きます!≫
ビデオ講座お申し込み・お問い合わせ・ご質問・道場破り・その他メッセージなど
すべてこのアドレスでOKです。
吉武さん初めまして。KGYMと申します。
小学校5年生の中学受験を今の所?予定している家庭の母です。
「流水算」を検索しているうちにこちらのページに辿り着きました。
門外不出のバックナンバーを拝見し、目からウロコとはこの事と40を過ぎて?知り
ました。すごい、すごすぎで、塾の先生に見て頂きたい!こうやって教えてやって!
と叫びたいぐらいです。ありがとうございます。娘に説明するのもラクチンです。

本日、お聞きしたい点は2点です。
1.バックナンバーの暦算の最終回と言う物は存在するのでしょうか?
 月を跨いだ計算、過去に戻る計算次回が有るのかと色々開けてみましたが見つけ
 られずです。存在するのであれば、教えていただけると本当に助かります。
2.昨年12月にてDVDのセットのみ販売との事ですが、バラでの販売はもう無理です
 よね。算数の教材として頂きたい物がありますが、すべてが必要と言う訳では無い
 ので困っています。ダイヤグラムは本当に参考書も無く、問題数も少ない癖に試験
 には出るんですよね。でも、ややこしい。だから、参考書?的なDVDは凄く興味が
 有ります。(他にも数本..)

中学受験の子供達、本当に助かると思いますよ。こちらのページ。

巡り合えて良かったです。本当にありがとうございました。

PS.DVDでは無くても、こちらのバックナンバーのような物がすべて揃っているような
  物?は有るのでしょうか?

Re: HPからのホットライン:質問が2点ほど... ( No.1115 )
日時: 2005/2/26 4:23
名前: 吉武瞳言
こんばんは。
遅くに失礼致します。
流水算についてお褒め頂き大変嬉しいです。
そしてとても励みになります。
これからも当サイト「超高速解法」を宜しくお願い致します。

ご質問の件ですが
1.バックナンバーの日暦算の最終回は残念ながら見当たりませんでした。
当方のPCのバックアップも探したのですがどうやらファイル紛失してしまったようです。
今回のご指摘を頂くまで不覚にも気づきませんでした。
次回に続く形なのに途中で終わってしまっており誠に申し訳ありません。

尚、月を跨いで未来に行ったり過去にもどったりする「タイムマシン算」は中学受験の参考書や塾の先生によっても「微妙」に解法が異なります。ほんとに「微妙」なんですがそこが非常に大きな違いなので自分に合わない解法で指導を受けると微妙さ故に逆に混乱して「カレンダー問題(日歴算)がいきなり苦手になってしまったりするので気をつけたいところです。
お手元に日歴算の解法で納得できる参考書などがないようでしたらご連絡下さい。メルマガの「続き」として発行したいと存じます。

2.DVDの販売についてですがお子様の中学受験の為ということですので単品販売をさせて頂きます。「ダイヤグラム」のDVDの中の演習問題は中学入試の有名な過去問(平行四辺形のグラフタイプなど)もいくつか 取り上げていますので参考になるかと思います。

■お申し込みは下記ページよりお願い致します。
 http://www.8000.jp/tanpin-hanbai-form.html

3.「バックナンバーのような物がすべて揃っているような物」は、残念ながら今のところございません。
テキストベースのメルマガでは解説の限界があるので現在はDVDでの解説が中心になっているという状況です。
ただ、本の出版の話がきていますので年内にでも1冊出すことが正式に決まればアナウンスさせて頂きます。

尚、当サイトは公務員試験向けですが、中学受験のお子様をお持ちの方や小中学校の先生などからもアクセスが結構あって、
現在小学生のお子様をお持ちの方でいえば7,8人ほどの方が当DVD講座を受講されています。
DVD各タイトルの内容などご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
一般知能速解センター
吉武瞳言

感想 すごいです! ( No.1116 )
日時: 2005/2/27 12:20
名前: 浦木
ビデオ拝見しましたが「凄い」の一言です。こういった考え方や図を学校の数学の授業に取り入れれば日本
人の数学嫌いが少なくなるのではないかと提言したいくらいです。
2月27日のメルマガに関する質問です。宜しくお願いします。 ( No.1117 )
日時: 2005/2/28 15:15
名前: KMM
吉武様

いつもメルマガ拝見させていただいております。
自分では発想の転換できない方法で
毎回問題が解かれているので、
目からウロコで読ませていただいております。

昨年の試験では失敗してしまいまして、
今年ももう一度挑戦してみようと思っています。
今後も多々ご質問させていただくかもしれませんが
その際は何卒宜しくお願いします。

今回、2月27日発送のメールマガジンについて
質問がございましてメールさせていただきました。

≪演習≫
 マラソンコースになっている2地点A、Bの距離は42.195kmである。
甲はA地点からB地点へ行くのに20分かかり、乙はB地点から
 A地点に行くのに30分かかった。甲がA地点から、乙がB地点から
 向かい合って同時に出発したとすると出会うのは何分後か。  
  
 1.8分後
 2.9分後
 3.10分後                 
 4.12分後      
 5.15分後

との問題があり、解答が

(20×30)÷(20+30)=12(分) 「正答 4」

とのことでした。
この解答の最初の(20×30)についてですが、
なぜこうなるのかが分かりません。
2人がこのまま進むとそれだけの距離進める・・・?
ということかとも考えましたがちょっと違う気もします。
なぜ掛け算で20と30を計算するのか、それがなにを表しているのか、
初歩的な質問で申し訳ありませんが、
お手すきの時がございましたらご解説いただけますでしょうか。

お手数をおかけしますが何卒宜しくお願い致します。

質問お願いします。 ( No.1118 )
日時: 2005/2/28 19:29
名前:
こんばんは。Zです。金曜にDVD2枚の代金を郵便局にてお振込みしました。
また、すみませんが、以下の問題がわからなかったので解説を頂戴したい
と思います。急いでないのでお時間が空いたときにでもよろしくお願いします。

1.出版社 実務教育出版
2.発行年度 2002年12月20日初版
3.参考書の名前 新スーパー過去問ゼミ数的推理
4.問題掲載のページと問題番号 196ページNO.3
5.問題文・選択肢・正答

P地点からQ地点へ一定の速度で向かう1本の動く歩道がある。
Aがこの動く歩道をP地点から歩きながら進むと、ちょうど15歩でQ地点に着き、
Bが同じ歩道をP地点からAが歩く速さの2倍の速さで歩きながら進むと、ちょうど25歩でQ地点に着いた。
動く歩道が停止しているとき、AがP地点からQ地点までこの歩道を歩くときの歩数として、正しいのはどれか。
ただし、A,Bの歩幅は同じものとする。

1 55歩 2 60歩 3 65歩 4 70歩 5 75歩 正解5番の75歩

歩幅が同じということを手がかりに、比で解こうと思ったんですが、流水算と歩数算がごっちゃに
なってしまってわからなくなりました。すみませんがよろしくお願い致します。

HPからのホットライン: ( No.1121 )
日時: 2005/3/2 2:53
名前:

≪このメールはこのサイトの運営責任者吉武瞳言へ直接届きます。ご質問などお気軽にお寄せ下さい。≫
 
はじめまして。Mと申します。
偶然、インターネット上に先生のサイトを見つけて、メルマガを拝見しています。
内容を見て、とても興味を持ったのですが、私は受験生ではありません。
私は、学生時代は数学は得意ではありませんでしたが、回りには、確かに数学の得意な人がいました。
この違いはなんなんだろうと思いながら、どうしたらそのセンスが磨けるのか分からないまま現在に至っています。
先生の経歴は、詳しく書かれていませんが、超高速解法誕生の秘密のコーナーに
『以前に偶然身を置くことになったとんでもなくレベルの高いある教育事業の環境で出会った本当に素晴らしい先生方や生徒さんとの関わりの中で実践的に磨き上げた授業論や解法論が出発点になっている』と、分かったようなわからないような経歴の持ち主だということは分かりました。
一般知能は数学ではない!ということを前面に押し出されていますが、先生はきちんと数学を学んだ方(あるいは数学に自信のある方)と理解しても差し支えありませんよね?
一括でDVDを買うからには、先生のDVDを見て算術や比の活用の感覚が磨かれれば、たとえ程式を立てなければならないような場面がきても、楽に式が立てられるよになるのか?というのも知りたいところです。
というのは、問題を読んでいますと小学校や中学校の問題に出てくるような文章題も多々ありますよね。
大人向けの一般知能の受験問題の解法を指南するのが本来の目的でありましょうが、
先生の解法が、小学生・中学生の参考になるのであれば、楽しく子供と勉強ができ、応用範囲が広いと考えます。
先生のDVDは、小学校高学年や中学生にも理解できる内容でしょうか?
レベル分けもあるようなので、応用というより基本が解かるかどうか教えてください。
その上で購入を考えたいと思っています。
(子供に教えるのがお門違いであれば、はっきりおっっしゃてください。よろしくお願いいたします。)

Re: HPからのホットライン:お問い合わせありがとうございます。( No.1123 )
日時: 2005/3/2 12:22
名前: 吉武瞳言
こんにちは。
大変丁寧なお問い合わせを頂きありがとうございます。
そして、私がメルマガや超高速解法のサイトで行っている本質的なことを
直感的に理解して頂けているようで大変嬉しく存じます。

お尋ねの件ですが、結論から申し上げますと
「超高速解法DVDシリーズ」は各々の分野についてその基本から
丁寧に解説を行っていきますので小学校高学年・中学生の方でも
十分理解することができるレベル・内容となっています。
また、「数学」が苦手な「大人」の方にも(もちろん理数系の方にも)
相当「楽しく」ご覧頂けると存じます。
※但し、基本的には「公務員試験用」ですので講義内での私の受験生向けの
トークなどについては「変換」してご覧頂く部分が多少はあるかと思います。

実は、この「超高速解法DVDシリーズ」の受講生には
公務員試験受験とは関係のない一般の方々もかなりいらっしゃいます。
そういった皆さんは受講生全体の2割くらいで、
その中には老化防止にと熱心に受講されている60代!の方も
いらっしゃいますが、一般の方で受講される場合のほとんどは、
M様のように小中校生のお子様をお持ちで親御さんがお子様と一緒に
ご覧になって受講されているケースです。

一応公務員試験用(大人向け)ですからDVD中の演習問題によっては
小学生の知識外のことも登場しますが知的好奇心をお持ちのお子様であれば
親御さんのサポートで十分理解していけます。
それは、例えば小学生では習わない「指数(2乗、3乗・・)」が出てきたときに、
親御さんや年上のご兄弟が「2の3乗」っていうのは2を三回かけることだよ、
などと教えてあげることで親子間や兄弟間のコミュニケーションを
とりながら楽しく学習をすすめることができるということにも繋がります。
(そのようなお便りをよく頂きます。)

レベルについてはDVDで取り上げている問題は初級公務員試験を基準にして
いますがその内容は私立中学入試問題の算数(いわゆる中学受験算数)と
ほとんど同じだとお考え下さい。
世間では知られていませんが、実は、初級公務員試験の「一般知能」科目は
出題内容・レベルとも「中学受験算数」そのものといってよく、それとの
違いは「選択肢」が付いていることだけといっても過言ではありません。
そして、この「中学受験算数」の問題やその解法は、灘中学を頂点にして
現在の日本のすべての教育過程において小中高大学を通じて最も「知的レベル」が
高いものの一つとなっています。
それは、大学院で数学をやっている人間に解かせてもすぐには解けないような
中学入試問題が存在し、それを小学生が比や算術を用いて簡単に解けたりする
ことでも証明されます。
ですから、小学5年生くらいから一般社会人の方まで知的好奇心と学習意欲が
あればどなたでも興味をもって取り組める最適な「教材」となります。

もちろん「教材」として、内容が難しいと感じる部分もあるかもしれませんが
ご質問を頂ければ納得頂けるように丁寧に何度でも返信を差し上げていますので
十分理解度を高めながら学習を進めることができると存じます。
そして、「ご質問←→返信」というキャッチボールの中で
老若男女を問わず、現行の学校教育の弊害である公式主義や代数(方程式)主義の
堅苦しい硬直した思考方法から抜け出して、
柔軟で真の応用力のある「本当に賢い頭」を磨いて頂くことが
できればそれが私の「超高速解法」の存在意義になると考えています。

と、なにやら堅苦しい文章になってしまいましたが(笑)、
私自身何事を行うにも「楽しむ」ことが大事だというのが一番のポリシーの
つもりです。ですから公務員試験の切羽詰った受験生にも受験を「楽しもう」と
はっぱをかけています。「好きこそ物の上手なれ」です。
そして、「超高速解法」はまさに「知的に楽しめる」かなり優れた「教材」だと
自負しています。そして、「教材」として「PERFECT50」という「商品」の形をとって
いますが、実は、それを購入して頂いた後の質問対応フォローを含めての
「通信講座」としての充実を目指しているとお考え下さい。
※その一貫としてこの3月からいよいよ「動画配信」での質問対応をスタート
しますのでご期待下さい。

以上長くなりましたが、「超高速解法DVDシリーズPERFECT50」の
主旨をご理解頂いた上でお申し込み頂ければ幸いでございます。
一般知能速解センター
吉武瞳言


追伸:
-------------------------------------------------------------------
≪算術や比の活用の感覚が磨かれれば、たとえ方程式を立てなければなら
ないような場面がきても、楽に方程式が立てられるようになるのか?≫
-------------------------------------------------------------------
というお尋ねの部分についてですが、もちろんそうなります。
と同時に、それとは逆に「普通は方程式を立てなければ解けない」とされて
いるような問題(特に中学数学レベルの代数文章題分野)について

■「ややこしい方程式を立てなくても簡単に解けるようになる」

というのが超高速解法です。ですから超高速解法(比と算術の解法)が
すでに身についている子が普通の公立中学校の中間期末テストなどで
『方程式を立てて解きなさい』という指示のある問題に対したとき

「比(算術)を使えばすぐ答はでてしまうので、そのあとで、
 ゆっくり方程式をつくるんだ」

ということもよく教え子たちから(現在も小中学生にも教えていますので)
笑い話のように聞いたりします。

でも、これは本当は「笑い話」ではなくこの「方程式と比(算術)」の表裏一体の
関係性にこそ重要な意味があることを暗示、というか明示しています。
そして、こういう柔軟な思考回路が形成された子はいずれ、
高等数学や大学数学レベルの高度で専門的な分野の問題に対峙したときでも
様々な角度からアプローチする力の芽をすでに持っているということになります。
そして、超高速解法のDVDシリーズにはそういった学習プログラムが緻密に
組み込まれている「教材」でもあるとお考え下さい。


■お申し込み方法などについて、ご不明の点がございましたら
お問い合わせ下さい。
※本日は夜9時過ぎまで授業がございますので返信はその後になることを
ご了承下さい。
超高速解法DVD50「PERFECT50」お申込み ( No.1125 )
日時: 2005/3/3 23:27
名前:
 【超高速解法DVD50本「PERFECT50」お申込みフォーム】
メッセージなど
  吉武先生こんばんは。
  何度かメールを差し上げたMです。
  とりあえず、自分のセンスを磨くために超高速解法を勉強してみようと思います。
  子供には探究心があれば、役に立つときが来るでしょう。
  郵便振替の口座番号を教えてください。
  よろしくお願いいたします。
Re: 2月27日のメルマガに関する質問です。宜しくお願いします。 ( No.1129 )
日時: 2005/3/6 14:00
名前: 吉武瞳言
こんにちは。
大変遅くなりましたが
先週頂いたご質問への回答です。

 マラソンコースになっている2地点A、Bの距離は42.195kmである。
甲はA地点からB地点へ行くのに20分かかり、乙はB地点から
 A地点に行くのに30分かかった。甲がA地点から、乙がB地点から
 向かい合って同時に出発したとすると出会うのは何分後か。  
  
(20×30)÷(20+30)=12(分) 「正答 4」

この問題は結論から言ってしまうと
----------------------------------------------------
☆マラソンコースという「距離」がどんな「値」であっても
答は同じになります。
----------------------------------------------------
例えば、距離を120kmに設定してやってみましょう。
すると
甲の速さは120km÷20分=分速6km
乙の速さは120km÷30分=分速4km 
よって、
二人が出会うのは

■120km÷(分速6km+分速4km)=★12(分後)

となります。
同様に「距離」を240kmとか300kmとか
色々に設定してやってみるとすべて同じ12分となるのが
検証できると思います。

つまりこの問題ではマラソンコースという「距離」が
「どんな数字でも」答は同じになるんです。
「どんな数字」でもよいのですからわざわざ割り切れない数字
で計算する必要はない、ということで非常にやりにくい42.195kmという
数字を使わずに
自分がやりやすい数字設定にしてしまおう!
というのがこの出題の主旨だったわけです。

それで解答解説をするにあたって「やりやすい数字」として
どんな数値を設定しようかと考えて、
エーイ、めんどくさいので文中の20(分)と30(分)を掛けた600に
してしまえ、とやったわけです。
そうすれば甲乙の分速がきちんと割り切れて計算できて楽だからです。
600km÷20分=分速30km
600km÷30分=分速20km
これで、あとは

■600km÷(分速20km+分速30km)=★12(分後)

で終了です。と、この式と上ぇの方の■〜★の式にもどって見比べて
下さい。
この2式を並べて書いてみると、

■120km÷(分速6km+分速4km)=★12(分後)
■600km÷(分速20km+分速30km)=★12(分後)

式の数字が違うのにいずれも答が「12分」となっていますね。
この2式は
■距離 ÷ 速さの和 = 時間
というシンプルな構造の中で
「距離」と「速さの和」の『比』が同じ!!
というこの問題の本質をあらわしているんです。

最後に(20×30)÷(20+30)=12(分)
の各数字の意味を示します。
(ア20×イ30)÷(ウ20+エ30)=12(分)
アとイは自分にとって計算を楽にするための「距離600」を設定するのための掛け算。
ウは600km÷30分=分速ウ20km
エは600km÷20分=分速エ30km
となります。
この問題の解答解説の式がわかりずらいと感じられたのは
ウとエを求める考え方と式を省略していたからだと思います。

さらに「詳しい」超高速解法の手順解説を行うならば
1.この問題は距離を適当に自分勝手に設定してよいので600kmとする。
2.甲はこの距離を20分ですすむので分速30kmとなる。
3.乙はこの距離を30分ですすむので分速20kmとなる。
4.出会う時間=「距離」÷「2人の速さの和」
なので 600÷(30+20)=12(分)
となります。

速さの問題を簡単に短時間で解くための超高速解法での
比の使い方をメールマガジンのみでお伝えすることはなかなか
難しい面がありますが、ご不明の点がありましたら
またご質問をお寄せ下さい。

以前に数列や確率分野についてのリクエストを頂いておりましたが
メルマガで取り上げれなくてすいません。
超高速解法DVDシリーズではタイトルとしていますので
よろしければHPの方でご覧下さい。
お仕事をされながらだとすると受験勉強は大変かと思いますが
ぜひ頑張って下さい。Fighting!!

Re: 超高速解法アンケートのお願いです。 ( No.1135 )
日時: 2005/3/8 0:59
名前: 国分寺
予想していた以上に数段面白いです!こういうDVDを探していたんだ!と高ぶった気持ちで思わず何度も繰り 返し見てしまいます。説明がとっても分かり易いです。また、何より解説のテンポがよいのでとても気持ちよ く見れます。ただ解説とレジュメの数字が合っていないところが1箇所ありましたのでお知らせしておきます 。これは別段問題ありませんが念のためです。では、ありがとうございました。

アンケート回答致します。 ( No.1136 )
日時: 2005/3/9 6:24
名前: 沖縄県SH
ひとことでもOKとのことなのでひとことにします。「あっぱれ!」です。それで、すぐに50本全部買いた い気分ですが、資金的にちょっと無理なので少しずつということになりそうですが、試験の2、3ヶ月前まで には全部そろえたいので、買う順番とかがあれば教えて頂きたいです。
Re: 超高速解法アンケートのお願いです。 ( No.1137 )
日時: 2005/3/9 9:05
名前:
方程式が苦手で参考書の解説を見てもいつも頭をかかえていたのが、この超高速解法のビデオを見た後では ウソのように思えます。とにかくわかりやすくてビックリしたというのが第一印象ですが、さらにテクニック 的に深いものがあるので、少しでも早くマスターして一般知能を得点源にしたいと思います。

Re: 超高速解法「PERFECT50」を発送致しました。 ( No.1139 )
日時: 2005/3/10 20:18
名前:
吉武先生

 本日、超高速解法「PERFECT 50」を確かに受け取りました。
どんな楽しい方法なのかワクワクしています。
受験生ではないので、一気に目を通すことは難しいと思いますが、
今夜から地道に受講していこうと思います。
確認いたしますが、50本のDVDはナンバー順に見た方が効果的ですか?
それとも、レジュメの問題を解いた後で、入門講座を見たら、何から始めても効果は同じですか?
また、この「PERFECT 50」があれば問題数は相当ありそうですが、
ある程度、解法が進んできて、力試しに他の教材から問題を解いてみたい場合、
おすすめの教材があれば教えてください。
公務員試験一般知能の問題集も教材になると思いますが、
我が家の場合、いずれ、子供とやってみようということがありますので、
小中学生向けの問題集の方で、推薦していただけるものがあれば、
そちらのほうが利用価値もあるかと思います。
(先生は小中学生にも勉強を教えているということでしたので、
ご自身が子供達に使われているような教材で、適当なものがあれば
ご紹介ください。まず、私自信がそれを使って解いてみたいと思います。)

それでは、これからレジュメを始めたいと思います。
解らないことがありましたら、質問させていただくこともあると思いますが、
よろしくお願いいたします。

Re: Re: 超高速解法「PERFECT50」を発送致しました。 ( No.1140 )
日時: 2005/3/11 2:10
名前: 吉武瞳言
遅い時間に失礼します。
到着のご連絡ありがとうございました。
順番は基本的にはどれからでも
大丈夫ですが、より学習効果を上げるには
下記のようにブロック分けをしてご覧下さい。
------------------------------------------------
≪速さ≫
01.TAB★旅人算
02.DAI★ダイヤグラム
03.TOK★時計算
04.RYU★流水算
05.TUU★通過算
06.HOS★歩数算

≪売買の問題≫
07.BUY★売買算
08.SON★損益算

≪濃度関係≫   
10.MIX★混合算 
11.NOD★濃度天秤法
12.IDO★食塩水移動

≪仕事の問題≫
13.SIG★仕事算
14.NOB★のべ算
15.NEW★ニュートン算

≪典型的な特殊算パターン≫
09.KAB★過不足算
29.NEN★年齢算
30.TUR★Superツルカメ算
31.S&K★相当算&還元算

≪比のテクニック≫
19.HIJ★比術
32.WAH★割合と比

≪図形≫
16.TOU★等高底比
17.HEI★平面図形
42.HE2★平面図形2
47.ANG★角度
18.TEN★円の回転

≪円と扇形≫
43.E&O★円と扇形
46.ATO★軌跡

≪実戦バラエティー≫
20.SEI★精選文章題
50.JIS★実戦演習
49.REI★図法例題集

≪メルマガバックナンバー解説≫
33.BNN★公式と文章題

≪場合の数≫
21.PER★順列
22.COM★組合せ
48.KAK★確率

≪約数と倍数の感覚≫
23.YAK★約数
24.BAI★倍数

≪「きまり」をみつける!≫
25.RUL★規則性
26.KIS★記数法
41.ANN★暗号

≪判断推理定番パターン≫
34.JYU★順序
35.TAI★対応

≪集合と論理≫
36.SET★集合
37.RON★論理 

≪リーグ戦≫  
38.LEE★試合

≪道順≫
39.MIT★道順   

≪立体系≫
27.RIT★立体求積
28.ENS★円錐の体積比
40.SUI★水位
44.CUT★立体切断
45.STK★最短距離  


力試しに他の教材をいうことですと、公務員試験受験生の
間では有名な参考書が何点かあります。
別表通りですが、
いずれも公務員試験の職種・レベル別にシリーズ化されて
いますので内容を実際にご覧になってご自分に合うものを選ばれて下さい。
1ページに1問1答形式ですので取り組みやすいと思います。
※市販されておりふつうに本屋さんで購入できます

小中学生向けのテキストについては私が使用しているのは
すべて塾のオリジナル教材ですので
市販のもので何かよいものがないか探してあらためて
ご連絡差し上げますね。
それで、ちょっとお尋ねですが、お子様は塾には通っていらっしゃいますか?
また、特に小学生の場合は私立中学入試を目指して(塾に通っている)かどうかで
勉強方法がまったく異なり、
それによって見合ったテキスト選択も変わってきますので
差し支えなければお知らせ下さい。


DVDをご覧になってご質問などございましたら
お気軽にお寄せ下さい。
また、ご意見ご感想などもお聞かせ頂ければと存じます。

この週末は寒さがもどるようですのでお身体くれぐれも
ご自愛下さいませ。

Re: 質問お願いします。 ( No.1141 )
日時: 2005/3/12 12:19
名前: 吉武瞳言
こんにちは。
返信が大変遅れて申し訳ありません。

----------------------------------------------------------
P地点からQ地点へ一定の速度で向かう1本の動く歩道がある。
Aがこの動く歩道をP地点から歩きながら進むと、ちょうど15歩でQ地点に着き、
Bが同じ歩道をP地点からAが歩く速さの2倍の速さで歩きながら
進むと、ちょうど25歩でQ地点に着いた。
動く歩道が停止しているとき、AがP地点からQ地点までこの歩道を歩くときの歩数
として、正しいのはどれか。 ただし、A,Bの歩幅は同じものとする。
1 55歩 2 60歩 3 65歩 4 70歩 5 75歩 正解5番の75歩
-----------------------------------------------------------

この問題は仰るとおり歩数算と流水算が
組み合わされた問題です。
流水算においては
「流れの速さ=動く歩道」が「静水時の速さ=歩道停止時にその上を歩くAの速さ」
より大きい、というイレギュラーな形になっています。
(実際にこの問題を解く過程には関係ないですが)

先に「超高速解法」の式を書くと
----------------------------------------
★超高速解法★
25秒÷2=12.5秒
15秒:12.5秒=「6:5」
5−1=4
6−2=4
4で当たったので
1:5=15秒:X秒
X=75
-----------------------------------------
以上で簡単に「終了」します。


では、詳しくやっていきましょう。
まず、歩数算の部分について考えると
■速さ=歩幅×ピッチ 
なので、
AとBの
「歩幅」が等しい!という条件設定がなされていて
「BはAの2倍の速さ」
ということは
「BのピッチがAの2倍」
ということをしっかり押さえて下さい。

次に、15歩と25歩という「歩数」については「かかる時間」として
とらえます。
例えば、1歩に1秒かかるのであれば、15秒と25秒というイメージです。
しかし、「歩数」の数字がそのままダイレクトに「時間」に置き換わるのは
両者の「ピッチ」が等しい場合に限られます。
これは、「足を前に出す回転速度=ピッチ」が異なれば
「同じ歩数」を進んだときでも「かかる時間」は違うということで
すぐ理解できると思います。
以上を踏まえて
「15歩」と「25歩」をもう一度じっと見て下さい。
すると、
「BのピッチがAの2倍」なので、
Aの15歩を15秒とすると、Bの25歩はその半分の12.5秒と
置き換えることが出来ます。
--------------------
15歩=15秒
25歩=12.5秒
--------------------
★これが、この問題を超高速に解くための最大ポイントです。
さらに、これを比にすると
----------------------------
15秒:12.5秒 = 6:5
----------------------------
とすぐわかって、この「6:5」がでた時点で
この問題はほとんど終了です。
あとは、逆比をつかって超高速解法の『流水算の表』に
書き込んでいけば自動的に答がでます。
基本操作→ http://www.8000.jp/magumagu06-bn-ryuusuizan3.txt
メルマガBN流水算参照→http://www.8000.jp/backnumberlink.html


では、順に「表」でやっていきます。
Aの下りの速さ:Bの下りの速さ 
の比は上の時間の比「6:5」の逆比で
「A=5、B=6」とすぐわかるので、
これをAとBの速さの表を2つ作って
そこに書き込みます。


  ┌─┬───┐
  │上│     │
  ├─┼───┤ 
  │静│     │
  ├─┼───┤ 
  │下│ 5   │←Aポンッ!
  └─┴───┘
B 
  ┌─┬───┐
  │上│     │
  ├─┼───┤ 
  │静│     │
  ├─┼───┤ 
  │下│ 6  │←Bポンッ!
  └─┴───┘

次に静水時(歩道停止時)のAとBの速さ=1:2を
書き込みます


  ┌─┬───┐
  │上│     │
  ├─┼───┤ 
  │静│ 1   │←Aポンッ!
  ├─┼───┤ 
  │下│ 5  │
  └─┴───┘


  ┌─┬───┐
  │上│     │
  ├─┼───┤ 
  │静│ 2   │←Bポンッ!
  ├─┼───┤ 
  │下│ 6  │
  └─┴───┘

すると、たったこれだけの作業で
「流れの速さ(動く歩道の速さ)」が両者「4」で当たっている!!
ので甘い条件設定の楽勝問題ということがわかりますね。
※流れ(動く歩道)の速さはAが歩くときでもBが歩くときでも「同じ」ですので。


  ┌─┬───┐
  │上│     │
  ├─┼───┤ 
  │静│ 1   │─┐
  ├─┼───┤ 4←「流れ(動く歩道)」
  │下│ 5   │─┘
  └─┴───┘     

  ┌─┬───┐
  │上│     │ 
  ├─┼───┤ 
  │静│ 2   │─┐
  ├─┼───┤ 4←「流れ(動く歩道)」
  │下│ 6  │─┘
  └─┴───┘     

と、せっかく表を書いてきましたが、
この問題ではこのあと「上りの速さ」を出す必要はなく、
Aの表の
「静水の速さ(歩道停止時のA)と下りの速さ(動く歩道と同方向のA)」
=「1:5」
の「逆比」が時間の比なのでひっくり返して「5:1」となり
「Aの下り(歩道と同方向) 1」=15秒なので
「Aの静水(歩道停止時)  5」=75秒で終了です。

以上をまとめると、
----------------------------------------
★超高速解法★
25秒÷2=12.5秒
15秒:12.5秒=「6:5」
AとB各々の上りの速さは逆比で「5:6」
5−1=4(Aの下り−Aの静水時=流れ)
6−2=4(Bの下り−Bの静水時=流れ)
と「流れ=4」で当たる!ので終了(必要な全ての比が決定!)
最後にAについてその比を見て
1:5=15秒:X秒
X=75
-----------------------------------------
となります。

流水算についてはDVD「NO.04流水算」で
詳しくやっていますが、下記ページのメルマガBNの
流水算を取り上げている号でも
ある程度カバーできると思いますので参照下さい。
http://www.8000.jp/backnumberlink.html


尚、この問題を超高速に解くための最大のポイントは
-------------------------------------------------------------
■「BのピッチがAの2倍」なので、Aの15歩を15秒とすると、
Bの25歩はその半分の12.5秒と置き換えることができる。
-------------------------------------------------------------
という部分ですが、
この「歩数算」の応用に気づかないと取り掛かりがつかめないかも
しれません。(そういう意味では難易度は「やや高い」といえます)
でも、そのときでも、
「流水算」の「構造」が頭に入っていれば
選択肢の「歩数」を「時間」と考えて
「歩道停止時のAの進む時間(静水時)」と
「Aの下りの時間」の関係で見てやると

1.55秒:15秒 = 11:3
2.60秒:15秒 =  4:1
3.65秒:15秒 = 13:3
4.70秒:15秒 = 14:3
5.75秒:15秒 = 5:1

となって、明らかに「4:1」か「5:1」が怪しいですね。
(公務員試験では比はシンプルなことがほとんどなので)
試験時間がない時は、この「感覚」だけでも選択肢2か5で
正答確率50%になります。
このような「感覚」の積み上げで得点を重ねるやり方を持っていないと
すべての問題を参考書の解答解説のように「真面目に」
解いていたのでは本番ではまったく時間が足りないですから
普段の勉強時から意識した方がよいと思います。
(もちろん「簡単な比」以外の設定のものもありますので注意して下さい)

以上ご不明の点がございましたらお問い合わせ下さい。
今回は大変お待たせしてしまいましたが
今後とも何かご質問があればお気軽にお寄せ下さい。
一般知能速解センター
吉武瞳言

※罫線を使って表を描きましたので
レイアウトが崩れた場合はメーラーの設定を
等幅フォントにしてご覧下さい。
うまくいかない場合はお知らせ下さい。

ありがとうございました。 ( No.1148 )
日時: 2005/3/16 11:00
名前:

吉武先生

歩数算と流水算のミックス問題を質問した者です。

まさか、ここまで丁寧にご説明いただけるとは思っていませんでした。

スッキリ理解することができました。

またお世話になることがあると思いますが、何卒よろしくお願い致します。

お支払いの件の確認です。 ( No.1155 )
日時: 2005/3/20 12:26
名前: 北海育ち
先だっては貴重なアドバイスありがとうございました。自分は、
社会人として仕事をしておりますが、転職希望で勉強中です。
職種は、国家2種・国税、市役所、裁事や刑務官などから
絞っている段階です。
普通の会社づとめの社会人であり、金額が大きいので
お支払いできるのが来月の給料後になりますことを
何卒ご了承ください。これから受験までの残された時間を
目一杯使ってがんばりたいとおもいますのでご指導の程
宜しくお願い致します。

Re: メールアンケートのお願い ( No.1159 )
日時: 2005/3/22 22:45
名前: とやまけんJr.
本当に購入してよかったです!感謝感激しております!これまで判断推理は得意なのですが数的推理がどうしても苦手で、何冊も参考書や問題集を買ってきては挫折して積読状態になってしまい最近では独学には限界があるのかなあとあきらめ気味だった時に秒殺のメルマガで超高速解法を知って「こんな解法があったのか」ととっても驚いたんです。それで、バックナンバーを全部読んで、DVDを申し込むに至りましたがこれは本当に素晴らしいDVDだと思います。それだけでなく懇切丁寧なメールでの対応をして頂いたことも大変嬉しかったです。

吉武先生へ ( No.1162 )
日時: 2005/3/25 21:29
名前: チバーズ
数的処理がとにかく苦手で、解けるにしても時間がかかりすぎてしまいます。このDVDを拝見して大変なショックを受けました。今まで参考書などは何冊も買ってきましたが、どれも似たようなもので、実力がついた・早く解けるようになったという実感があまり感じられないままでした。一般の参考書の解法では、解くのに時間がかかりすぎるような気がして自分には数的処理を1問数分で解くのは無理だと思っていました。ですが、本講座の解法は、実に合理的かつ実戦的で、何より解く時間を短くできる点がすばらしい。「もっと早くに気づいていれば」「今まで何を勉強してきたのか」というのが正直な感想です。方程式から脱却して、「秒殺」できるようになりたいです。

DVD講座について ( No.1224 )
日時: 2005/4/27 1:02
名前: TUJ
 はじめまして、こんばんは。公務員(郵政一般)を目指している者です♪

今年の3月から勉強を始めました。一般知識は暗記物ですので試験日までになんとかんなりそうです!適正試験は毎日練習しているので大丈夫と思います。
 
 しかし、一番の問題は一般知能です。。。現在、通信講座で勉強しています。解説を読めば「なるほど!」と解った気になるのですが、別の問題をやると全く解けなかったりするのです。もう、お解かりと思いますがその参考書は方程式と記号(XYZTK)だらけです(^^;


 こんな状態で超高速解法のメールマガジンを読ませて頂きました!!!初め見たときはただただ感動しっぱなしでした♪♪試しにメールマガジン内の練習問題を解きましたが初めて満足に解くことが出来ました!!!!!!同時に「楽しい」と思えました。もっと、難しい問題にチャレンジして解けるようになり、本番に備えたいと考えています。
 
 そこで3つ質問があります。

DVD講座でテクニックを身に付ける訳ですが、過去問や実践でも十分に使えるのでしょうか?また、一巻あたり収録時間はどれぐらいでしょうか?そして、メールマガジンはかなりの人数の方が購読されておられますが、DVD講座も結構な人数の方が受講されているのでしょか?

 つまらない質問もありますが、どうかお願いします☆

Re: DVD講座について ( No.1226 )
日時: 2005/4/28 12:50
名前: 吉武瞳言
こんにちは。
丁寧なお問い合わせありがとうございます。
「超高速解法」を「楽しい」と言って頂けるのが一番嬉しいです。
そして、問題を楽しく軽やかに解いていければ
一般知能がグングン得意になっていくと思います。

ご質問の件ですが、DVD講座は多くの公務員試験の過去問の頻出パターンを周到に
分析して作っていますので、様々な種別・区分の公務員試験に実践的に対応しています。

「郵政一般」ですと特に数的推理については「超高速解法」の適用効果は
相当期待できると思って頂いて差し支えありません。
※裁判官事務試験についてはその選択肢設定が独特なため未適
・未対応部分があります。

DVD収録時間は一番短いもので60分弱、長いもので120分超、平均すると90分程度です。
受講はDVDに付属するPDFのレジュメの演習問題をまずご自分でやってからDVDをご覧頂く形式で、
その後随時質問対応となります。

受講生の方は沖縄から北海道まで全国津々浦々ですが、メールや動画での
質問対応を私一人ですべてやっているため、現時点でもマンパワーの関係で、
受講生お一人お一人へのアフターフォローのクオリティを維持するために
今後とも大手予備校のような規模(システム)にするつもりはありませんのでご安心下さい。

お申し込みされる場合は4月スタートクラス受講枠は締め切りとなっていますので
次は5月スタートクラスとなります。5月は警視庁はじめ本命試験の1次が終了する
生徒さんが結構いらっしゃいますので、新規受講人数枠は多少余裕がでると思います。

受講にあたって他に何かご不明の点がありましたら何度でもお気軽にお尋ね下さい。
勉強大変だと思いますが、体調に気をつけて頑張って下さい!
一般知能速解センター
吉武瞳言(Dogen Yoshitake)

PAGE-1   PAGE- 2   PAGE-3   PAGE-4   PAGE-5   PAGE-6   PAGE-7   PAGE-8
題名
所属・名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント   wasureta koro ni okotae suru kamo.

2006年10月15日以降、質問や投稿は、サイトトップページまたは右記フォームよりお願い致します。 → フォーム


★HOME              ★BACK