PAGE-1   PAGE- 2   PAGE-3   PAGE-4   PAGE-5   PAGE-6   PAGE-7   PAGE-8


  ■ User's voice  6   

Re:Re: DVD講座について ( No.1229 )
日時: Description4 /4/29 0:46
名前: TUJ
こんばんわ、TUJ です♪

丁寧な返事ありがとうございます!!!
これでDVD講座に対する不安は無くなりました♪ありがとうございます。

早速ですが、5月スタートクラスはまだ空いていますか?もし、空いているのでした
ら是非とも受講させていただきたいです☆

避けて通れない一般知能。。。DVD講座を受講して得意分野に変えて行きたいです!

DVD講座で超高速解法を身に付け、第一志望の郵政一般の試験の一般知能の分野を満点にする気で行きたいです!!!
           疑問点も出てくるだろうと思いますが、その時はお願いします♪
Re: ご連絡ありがとうございます! ( No.1230 )
日時: 2005/4/29 9:42
名前:
吉武殿
ご無沙汰しております。
益々のご活躍、メルマガで感じております。
私は、3年3ヶ月の福岡勤務を終え、東京本社勤務となり2年が過ぎようとしております。
今回アドレスの変更をお願いしたのは本格的に自宅にPC、PRを設置したからです。
ここ数日、PCの設定、データーの移行と楽しい日々でした。
ここに来て一段落したので連絡しました。
貴方より購入したビデオは何回も見てその都度感心します。
現在,ゆとり教育の弊害による教育制度の見直しが言われておりますが、根本的なことが抜けているような気がします。
それは個性の尊重および、その育成ではないでしょうか。
人間は個性がそれぞれ異なるが故に個々の存在価値があると思います。
これからの更なるご活躍をお祈りします。
横浜の佐藤です。 ( No.1232 )
日時: 2005/4/30 18:18
名前: 佐藤邦弘
国Uの基礎を固めるためにはどうすればよいかということでご相談しました横浜市在住の佐藤です(匿名で失礼しました)。アンケート返信が遅くなってしまいましたが、DVDのダンボールを開けた時に天満宮の合格祈願御守りが丁寧に入っていて感激しました。さて、感想ですが、今回の分で私なりに一番役に立ったのは「比術」・「ニュートン算」・「のべ算」「流水算」です。部分的には「食塩水移動」の追跡法で「食塩」を比だけで取り扱うテクニックが斬新でした。また、「歩数算」や「ダイヤグラム」での比の使い方が本当に勉強になるというか究極の解法だなあと感嘆しました。「円の回転」と「天秤法」と「約数」は知識的には既に知っていることも多く、問題もまずまず自分で解けるタイプだったのですが、総復習としてまとまっていて非常によかったです。私の場合は、一般知能は得意な分野と不得意な分野があるので、この超高速解法で穴がなくなるように勉強していきたいと思います。
Re: 超高速解法DVD「PERFECT50」購入 ( No.1233 )
日時: 2005/5/1 23:35
名前: S木
本日商品が届きました。早速中身の一部(損益算、延べ算など)を拝聴しました。実に明快かつ流れの良い解説であっという間の時間でした。数的は方程式でやるよりもっと効率がいい方法があるはずだ・・・何せ整数を扱っているんだから・・・と思っていた私には納得のいくものでした。ただ、判断推理の順序の内容も拝見しましたが、基本問題しか載っていなかったのでこれなどは、結局は演習量なのかなと思いました。ともかく、まだまだたくさんあるので、世間がGWで浮かれている間に一気にこなしたいと思います。近々疑問の箇所も出てくると思いますのでそのときはよろしくお願い致します。


> DVD50本を本日「ゆうパック」で発送致しました。
> 到着予定は明後日(5/1)となります。
> http://www.post.japanpost.jp/tsuiseki/parcel/index.html
> 上記サイトで検索できます。
> 発送前に太宰府天満宮で参拝してお守りを同梱致しました。
>
> DVDの映像はかなり無骨で、画質的に決して良いとは言えない
> 部分もありますが極力余計なものを排してシンプルに
> 作っていますのでPDFレジュメをプリントアウトして
> 予習した後に、1回しか見れないというくらいの気持ちで
> 集中してご覧頂ければと存じます。。
> これから合格のために精一杯サポートしますので
> 頑張って下さい!
> 一般知能速解センター
> 吉武瞳言

これからもご指導宜しくお願いします。 ( No.1234 )
日時: 2005/5/2 0:42
名前: よもぎ
パーフェクト50を購入したよもぎですが、DVDを早速拝見して感動しました。いままで勉強してきたやり方とまったく違ってこんなに面白く勉強できるのがとてもとても新鮮です。数学的なものがずっと苦手だったので「一般知能」も問題を見ただけでやる気が失せるほどだったのがこDVDで180度変わりました。世の中にこんな面白い解き方があったとは本当に驚きです。実は、結構切羽詰っていて今回の申し込みも悩みに悩んだのですが思い切って決断して大正解でした。今後とも先生には質問などでお世話になるかと思いますが宜しくお願い致します。

Re: Re: 超高速解法DVD「PERFECT50」購入 ( No.1235 )
日時: 2005/5/2 0:49
名前: 吉武瞳言
到着のご連絡ありがとうございます。
DVDはS木さんのおっしゃるようにタイトルによって
難易度が異なる面があります。
また、収録時期の違いにより解説口調のリズムも
違う部分もあるかと思いますが、
この後も各タイトルをご覧になって率直な感想を
お聞かせ頂き、また、ご質問下さればと存じます。

試験日程など拝見させて頂きましたが、
S木さんはある程度勉強は進まれていて
あとは数的推理の方程式でやるとどうしても時間がかかる部分、
やや苦手な部分の解答時間短縮化がポイントだと思いますので
そのあたりご質問を頂ければその都度お答えできると思います。

GWは私もずーと仕事です。博多どんたくもなにも関係ありません。笑。
世間が浮かれているときこそ頑張りましょう!!
吉武瞳言

注文&質問 ( No.1241 )
日時: 2005/5/4 10:23
名前: TI
随分前になってしまいましたが,九州地方での地震はいかがでしたか。
さて,ご連絡遅くなってしまいましたが,VHSの教材をお送りします。
お手数をおかけしますがDVD教材への交換をお願いします。
また,DVDをお送り頂く際に,以下のものも一緒に送っていただけたらと思います。
 ◎ダイヤグラム
 ◎規則性
  (他のものはまた次回申し込みさせていただく予定です)

続いて質問です。
1.何人かの子供に鉛筆を6本ずつ配ると余り,7本ずつ配ると最後の4人は4本ず
つしかもらえない。また子供が3人増えたので5本ずつ配ろうとしたら何本か足りな
い。はじめ子供は何人いたか。
 1.10人  2.11人  3.12人  4.13人  5.14人

これは子供の人数が変わってしまうため過不足算が使えない(で,いいですよね?)
解説を見ると不等式で解いてあり,何とか理解できたと思います。
しかし,式を作るとなるときっと無理なような気もしますが。
何かいい解き方はありますでしょうか。


2.150人が各1票を投じて5人の委員を互選するとき,当選が確実なのは最低何票
か。
 1.26票  2.28票  3.30票  4.32票  5.34票

解説を見ると150÷6=25
5人が当選するので,6人目の票を5人に与えればいい,とあるのですが,
なぜ6人で検討しているのかわかりません。

以上2問,よろしくお願いします。

Re:注文&質問 ( No.1242 )
日時: 2005/5/4 17:25
名前: 吉武瞳言
地震は結構被害がありますが大丈夫です。
VHS版はすでにそちらを「発送済み」でしょうか?
発送前であればちょっとストップして下さい。
追って新しい送り先をお知らせします。
※当方の受け取り住所などが以前メールでお知らせしたときから
変更されています。

すでに発送済みであれば発送日と運送業者名をお知らせ下さい。
なんとか対応したいですが、
もし福岡市天神の住所に着払いで送っていただいても
現在は受け取ることができませんので
そのままそちらに送される可能性があります。
宜しくお願い致します。
一般知能速解センター
吉武瞳言

Re:Re: Re: 超高速解法DVD「PERFECT50」購入 ( No.1250 )
日時: 2005/5/9 12:37
名前: S木
吉武先生こんにちは。S木です。
本日ニュートン算のDVDを見ていたところ、演習14番の解説部分の映像が抜けておりました。
他の人のはどうかわかりませんが、私だけとしたらメールで構いませんので、解説願えたらと思います。

尚、GW中の近況をご報告致しますと、4月28日から本日まで有給も含めまして休みを取りました。
それで宇都宮市内まで出かけて図書館で勉強しておりました。
GW中だというのに辺りを見回すと、図書館内にある学習室には私の他にも、公務員の勉強をしている
人がたくさんいました。それが刺激となり、閉館時間の7時まで計8時間強の勉強時間が毎日確保できました。
さすがに図書館内にはDVDを持ち込んでやるわけにはいかなかったのでレジュメの予習復習に当てることが出来
ました。
今後も気を抜かずに頑張っていきたいと思っております。
Re: Re:Re: Re: 超高速解法DVD「PERFECT50」購入 ( No.1252 )
日時: 2005/5/9 21:33
名前: 吉武瞳言
ニュートン算「演習14」はレジュメでは残していますが
映像は現在欠番としています。
ウルトラC解法を使っていて賛否両論が激しかったので
現在はカット保留としているんです。
メールでの解説はかなりきついので返答方法を考えさせてください。

GWの8時間はすごいですね。
私も3日に親戚一同でバーベキューをやった以外は
ほとんんど毎日早朝から深夜までPCに向かってました。
予備校も暦どおりで2日と6日は試験で、完全に臨戦態勢です。
鈴木さんもお仕事との両立大変でしょうが
世の中の雑然とした動きに
左右されることなく頑張って下さい。
栄光をつかんで最後に笑いましょう!

超高速解法DVD「PERFECT50」購入のS木です。( No.1254 )
日時: 2005/5/10 22:08
名前: S木
吉武先生、こんばんわ。
比術の演習9番の問題ですけどこれも解説は
カットしてありますが、その直後の映像で高度な解法
うんぬんと説明されているのでこれも欠番ということでしょうか?
教えてください。

尚、今回初めて質問させていただきたいのですが、
こういう問題です。

A,B,Cの3つのレバーがある。各レバーは上げるか
下げるかによって、それぞれ一定の点数が加算される。
レバーの上げ下げの組み合わせは全部で8通りあるが、
次の4通りについては、
ABC、点数それぞれについて(上上上)24点、(上下下)22点
(下上下)28点、(下下上)10点となった。
最も点数が大きくなる場合は何点か?


という問題で、解答は32点なのですが、解説が
ついていないので、どのような手順で進めていったら
よいのか分かりません。まず、8通りのレバーのパターンを
出してそれから点数を類推していくようにも見えますが・・・。
問題の種類としては整数問題だと思うのですが、
ご検討願えたらと思います。

Re: 超高速解法DVD「PERFECT50」購入 ( No.1255 )
日時: 2005/5/11 10:16
名前: 吉武瞳言
・回答(解答)です。
A-B-C順に加算点は
上10−12−2
下6−2−10
となるので
最高点は10+12+10=32
となります。
---------------------------
・以下解説です。

まず2つのグループにわけます。

≪共通部分「A下とA上」による分類≫

【グループその1】
A下-B下-C上=10
A下-B上-C下=28
・「差」はプラス18

【グループその2】
A上-B下-C下=22
A上-B上-C上=24
・「差」はプラス2

このグループ1と2をみると、
「差」がマイナス16とわかります。(2−18=-16)

グループ1も2も「B下→B上」という変化が共通ですので
このマイナス16は

グループ1の「C下→C上」と
グループ2の「C上→C下」

という部分の「相乗効果」によってもたらされたことがわかります。

言い換えれば、Cについて上と下を「入れ替えたら」マイナス16
になったよ、ということなので、

すかさず、「16÷2=8」 をやって

■C下がC上より8大きい!!

とわかります。(この考え方がこの問題のポイントです!)

次に、グループ2をもう一度みると

A上-B下-C下=22
A上-B上-C上=24
・「差」はプラス2

Cが下→上になっている、これによりマイナス8になるはずなのに
全体でプラス2ということは、
B下→B上によって「プラス10」されたことになる!!
と気づきます。

つまり、

■B上はB下より10大きい!!

最後にA上下の判断をするため、
グループ1と2から1個ずつ選んで
(例えばB下共通で選んで)

A下-B下-C上=10
A上-B下-C下=22

「C上→C下」でプラス8なのに
全体ではプラス12(22−10=12)
となっている。

これは
A下→A上が「プラス4」ということ。(12−8=4)

つまり
■A上はA下より4大きい!!

これで、ABCについて、
----------------------------
■A上はA下より4大きい!!
■B上はB下より10大きい!!
■C下がC上より8大きい!!
----------------------------
とわかります。

あとは方程式でもいいですが、

簡単に表でもかいて、
どうせきれいな整数だろう(それもだぶん偶数)
といった感じで具体的な数をあてはめてみれば
すぐでると思います。


  A B C 
------------

------------

------------

この表であてはめると
A-B-C順に
上10−12−2
下 6−2−10
となります。

以上思いつくままに知性(笑)とカンで
解いてみましたが
他に「最短解法」があるかもしれませんので
もうちょっと考えてみますね。
(発見したらまたメールします)


それからお願いですが、
ご質問の際は「出典」をなるべく詳しくお知らせ下さい。
出版社や参考書名、あるいはどこどこの模試など、です。
また、選択肢も書き添えて下さいね。


比術「演習9」ですがこれは現在欠番にしています。
いい解法をおもいついたら復活させるかもしれません。

お知らせし忘れていましたが欠番や修正情報は
HPの右下15番に随時アップしていきますので
宜しくお願い致します。
http://www.8000.jp/
http://www.8000.jp/videokouzasyuuseiinfo.html

その他お気づきの点がございましたら
お知らせいただけると大変助かります。
宜しくお願い致します。

ビデオ講座アンケート回答 ( No.1256 )
日時: 2005/5/11 17:41
名前: 仙台王

選択肢を利用したあてはめは自分でも結構やっていたが、このビデオのあてはめ法は尋常ではないので驚きました。比をとことん利用するということが一番重要だということはわかったので、これからも比術のテクニックを完全に身につけたいと思う。
問い合わせ ( No.1258 )
日時: 2005/5/12 0:22
名前: A.K
こんにちは。超高速解法の講座を受けたいのですが、DVDではなくてビデオも」ありますか?
あと、申し込みフォームが見られなくなっています…
よろしくお願いします。

Re: 問い合わせ ( No.1259 )
日時: 2005/5/12 0:45
名前: 吉武瞳言
こんばんは。
お問い合わせありがとうございます。
一般知能速解センターの吉武です。
「超高速解法」講座のVHS版は3月31日で生産終了として、
現在はDVD版のみとさせて頂いています。
ただ、ビデオ版をご希望にあたって何かご事情があるようでしたら
できる限りご相談を承りますのでお知らせ下さい。

合格目指して頑張っている受験生の皆さんの
少しでもお役に立てればと思っていますので
何でもお尋ね下さいね。

申し込みフォームは http://www.8000.jp/perfect-50.html
VHS版については http://www.8000.jp/oshirase-top.html

以上宜しくお願い致します。

お返事ありがとうございます。 ( No.1260 )
日時: 2005/5/12 1:22
名前: A.K
既卒、受験二年目のA.Kと申します。
来月国家U種と地方上級の試験を控えているのですがこの直前期であるにもかかわらず場合の数、確率がどうしても攻略できず、悩んでいます。別のアドレスではありますが先生のメールマガジンは購読させてもらっているので講座の存在は以前から知っていました。一応予備校には通っていますがなかなか理解することができず家ではDVDが見られないので、もし可能でしたら順列、組み合わせ、確率のビデオ講座を受講させていただきたいと考えています。
よろしくお願いします。

Re: お返事ありがとうございます。 ( No.1261 )
日時: 2005/5/12 8:10
名前: 吉武瞳言
おはようございます。
メール拝見しました。
試験日もせまっていらっしゃるのでなんとかお力になりたいのですがVHS版は生産中止としていて在庫もない状況ですので
やはりお送りすることができません。
DVD版でなんとかご覧頂くことはできないでしょうか。
ご検討宜しくお願い致します。
吉武瞳言

Re: Re: お返事ありがとうございます。 ( No.1263 )
日時: 2005/5/12 19:46
名前: A.K
オークションでDVDプレーヤーを譲っていただくことになったので、後日改めて
フォームから
講座の申し込みをしたいと思います。

今回は相談に乗っていただきありがとうございました。

質問 ( No.1268 )
日時: 2005/5/17 0:36
名前: SKI
吉武先生、こんばんわ。遅ればせながら前回の問題の解答指南ありがとうございました。
ちなみに出典は、LECというところで発行している平成16年国立大学職員採用試験公開講座第37問目の問題でした。尚、これは市販されておらず、私が以前受講したことのある人からオークションで手に入れたものです。

さて、今回も質問なんですが、一応先生に教わった比や選択肢の活用をして私なりに問題を解いてみたんですが、チェックしていただけたらと思います。問題は、東京アカデミー出版国家二種・地方上級向け一般知能問題集より平成16年地方上級全国型第10問からです。

-----------------------------------------------
ある人が旅行を計画し、旅行予算のうち、三分の二を交通費
に当て、残りは食事代と土産代とした。しかし、予定していた
バスに乗り遅れて、タクシーを利用したため、交通費は予定の
1.25倍になった。そこで予定していた食事代を2000円減らした
ところ、旅行費用としては予定の1.125倍ですんだ。当初の旅行
予算はいくらか?という問題です。

選択肢は、@40000円、A42000円、B43000円、C45000円
D48000円
------------------------------------------------


まず、食事代から減らした金額2000円を倍数の差1.25−1.125=0.125で割ると16000円となり、これが当初の予算の三分の一つまり、これが当初予定していた食事代と土産代となり、さらに選択肢のDを三分の一で割ると16000円となってDが正解という流れなんですが、どうでしょうか。

Re: 質問 ( No.1269 )
日時: 2005/5/17 6:11
名前: 吉武瞳言
旅行の問題ですが、
48000円で答はあっていますが、
解法は?です。
1.25倍は「交通費の」で、
1.125倍は「旅行費用の」
となっていて何倍かするときの「基準になる数」が異なりますので
1.25-1.125という引き算はできないと考えてください。

この先はポピュラーな解法になります。
1.25倍=(1+1/4)倍=5/4倍
1.125倍=(1+1/8)倍=9/8倍
なので、
----------------------
2/3×5/4=5/6
5/6+1/3=7/6
7/6−9/8=1/24
2000÷1/24=48000
----------------------
全体を1とおいたとき、その2/3の交通費が5/4倍になった。「5/6」
それに食事・土産の1/3を足すと全体は「7/6」=28/24になる。
しかし、実際には全体は1.125倍、つまり1×9/8=「9/8」=27/24
なので、
この28/24と27/24の差の1/24が2000円にあたるとわかり、
2000÷1/24=48000で終了。
と、
これでも簡単な式4行ですみますので
オーソドックスにやって時間的に問題ないと思います。
検討検証下さい。
吉武


0.25=1/4
0.125=1/8
として分数で計算すると楽ですね。
これが割合の問題を解くコツといえばコツでしょうか。

問題の解法 ( No.1270 )
日時: 2005/5/17 21:37
名前: SKI
ご指摘ありがとうございました。問題もよく読まなくてはだめですね…。

ところで、また質問なんですが、東京アカデミー出版より平成12年市役所B日程の問題なんですが、

定価で売ると一個につき390円の利益の出る商品がある。
この商品を定価の1割2分引きで5個売ったときの利益は
7分引きで3個売ったときの利益に等しい。この商品の
定価はいくらか
選択肢@1800円、A2000円、B2200円、C2400円
D2600円


という問題なんですが、GTB図で解こうと思ったんですが、
利益の項目が3つ出てきてうまく当てはめられなかったの
ですが、工夫が必要でしょうか?結局方程式でも簡単な問題
なので方程式で解いてしまいました・・・。

Re: 問題の解法 ( No.1271 )
日時: 2005/5/18 6:53
名前: 吉武瞳言
定価X円、原価X−390とかの方程式でOKです。まったく問題ありません。

ただ、最速、という事で言えば
これはほとんど「カン」の世界ですが、
1割2分引き、が「×0.88」なので
金額の数字の下一桁の端数をきれいにするためには
定価の下3桁が000でないといけない・・・・
と考えて、もうほとんど2000円に決定です!(笑)

※実際は8の掛け算の「相手」として下3桁が000以外では
「500」でも計算結果の下一桁が0になりますが、
それは選択肢にないです。)
500でもOKの理由は8の段の九九で「×5」だけが40となり下一桁が0なので。)
※例えば2500×0.88=2200、ときれいな数になりますね。

でも、これではあんまりなので一応「検証」に入ります。

答は2000円だろう、と考えて、

2000×0.88=1760(実際計算は2000×0.12=240を引いてもOK)
2000×0.93=1860(実際計算は2000×0.07=140を引いてもOK)
いずれにしても暗算のレベル。

さらに2000−390=1610(原価)

次に
1760−1610=150 (売価−原価=1個当たりの利益)
1860−1610=250 (売価−原価=1個当たりの利益)
(これも暗算)

この150:250が

3:5 なので、見事「当たって」検証完了です。
(★5個売ったときと3個売ったときの利益が等しいので
1個当たりの利益はその「★逆比」になる)


※選択肢2の2000以外の
1800、2200、2400、2600
に0.88を掛けると下一桁が0にならずにコマゴマと
「嫌な感じ」になると思います。

質問があります。 ( No.1273 )
日時: 2005/5/19 12:24
名前: TY
吉武 瞳言 様

突然メールを差し上げるご無礼をお許し下さい。
この度、吉武様にメールを差し上げたのは割合と比の演習7についてお聞きしたいことがありましてメールを差し上げた次第です。

AとBのみかんとりんごの合計数の比A:B=2:3をそろえるため6とし、その結果、AとBがもつりんごとみかん比は
  み り 合
A 3 E 六
B 4 A 六

となると講座ないで説明されていました。ここまでは、理解できました。
そして、今回、お聞きしたいのはここからになります。
この後、りんごのAとBの比の差E−A=C、みかんも同じように比の差4-3=1を求めてると説明されていました。
なぜ、ここで差を求めたのかがわかりません。その根拠はいったい何なのかを教えて頂けないでしょうか?
質問したい内容がうまく伝わらなかったら申し訳ございません。

Re: 質問があります。 ( No.1274 )
日時: 2005/5/20 7:08
名前: 吉武瞳言
おはようございます。
返信遅れてすいません。(授業が夜まで詰まっている日は
どうしても翌日になります)


この解法ではまず「AとBの合計を強引に等しく」しています。
つまり

「Aのみかん+Aのりんご」 と 「Bのみかん+Bのりんご」
が等しい!

という設定に変形しています。

そして、「みかん」のABをじっとみると

■みかんは ☆Bの方が多い! とすぐわかります。(1多いですね。)

あれっ?みかんはBの方が多いのにABの合計が同じ、になっているのは
なぜ?というと、それは

■りんごは ☆Aの方が多い!からです。(C多いですね)

これにより、ABのみかんとりんごの合計が等しいのは

みかんはBの方が多いが、りんごはそれと同じ数だけ
Aの方が多い(Bが少ない)ので差し引きプラスマイナスゼロで
ABの合計が等しくなる、ということがみえると思います。

最終的な比のバランスは次のようになりますが
すべてに「個」という単位をつけて、じっと見てください。

  み り 合
A 12 6 18
B 16 2 18


すると、みかんの4個の差とりんごの4個の差が
プラスマイナスゼロで合計を等しくすることに作用している
ということに気づくと思います。

このこと(差のプラスマイナス)を、りんごとみかんの合計が等しい、と
強引に設定することによって、最初の「比の段階」であぶりだすのが
この解法のポイントです。

このタイプの問題は比に慣れないうちはスムーズにいかない面も
あるかもしれませんがコツをつかむと簡単な整数計算のみで
かなり速く解けるようになりますのでしっかり理解をしていって下さい。

Re: 超高速解法アンケートのお願い ( No.1275 )
日時: 2005/5/21 18:57
名前: YH
とりあえず10本ほど見終わった感想です。その1.解説はものすごく丁寧で繰り返しゆっくり説明しているところ。その2.とにかく短時間で解けるようになるところ。その3.レジュメのクオリティの高さ。その4.方程式を使わずに簡単に解くテクニック。その5.パッケージがカッコイイのでやる気がでる。

質問宜しくお願い致します。 ( No.1279 )
日時: 2005/5/23 16:15
名前:
吉武先生

こんにちは。2問わからない問題があるので、お暇なときにでも回答して頂けるとうれしいです。

1.出版社 実務教育出版
2.発行年度 2002年12月20日初版
3.参考書の名前 新スーパー過去問ゼミ数的推理
4.問題掲載のページと問題番号 384ページNO.9  372ページ NO.7
5.問題文・選択肢・正答

P384 NO.9

2つの箱A,Bがあり、箱Aには赤玉3個と白玉1個が、箱Bには赤玉2個と白玉2個が入っている。
今、それぞれの箱から3個ずつ玉を取り出し、Aから取り出した玉はBに、Bから取り出した玉はAに入れる。
その後、箱を1つ選び、その箱の中から1つ玉を取り出すとき、その玉が白である確率はいくらか?
ただし、箱A,Bを選ぶ確率は等しく、また、1つ1つの玉を箱から取り出す確率もそれぞれ等しい。
1   1/6
2  3/16
3   1/4
4   1/3
5   3/8


正解肢5
複雑で解き方がよくわかりませんでした。

P372 NO.7

ある商品を1つずつ包装し発送することになった。ところが、10個包装し終わった時点で、
不良品4個も包装してしまったことに気づき、不良品を見つけ出すまで1個ずつ検査することにした。
検査を始める前に予測すると、7個目で最後の不良品を見つけ出す確率はいくらか。

1  1/6
2  2/21
3  4/21
4  1/35
5  3/35


正解肢2

自分で説いたら答が違ったので解説を見たのですが、「7個目で最後の不良品があるには、1番目から6番目までに3個の不良品がくるようにすればよい。」となっているのですが、1番目から6番目までに3個の不良品がくるようにしても8個目、9個目、10個目に不良品がくる可能性もあると思うんですが。そのへんが気になってしまい、モヤモヤしています。

以上2問です。ぶしつけですみませんがよろしくお願い致します。

Re: 超高速解法アンケートのお願い ( No.1280 )
日時: 2005/5/23 21:30
名前: 大阪TH
本当に速い!でもさらにもうちょっと値段が安いと助かりますが、あまり安いとみんなが買ってしまうので悔しいところとなりますし。

S木より。 ( No.1281 )
日時: 2005/5/23 22:40
名前: S木
吉武先生、こんばんわ。
昨日、早速大学法人の1次試験がありました。
出来の方は、6〜7割といったところでしょうか?
ただ、先生の講座に類似するような問題もあり重宝しました。今回の試験は、次の2種試験のための”慣れ”の意味合いもあるので、この種の試験を初めて受けた私にとっては貴重な体験となりました。今度は、少し落ち着いて試験に望めるかと思います。

さて、今回も質問があるのですが、出典は、TACという予備校の会社から出ている過去問DASH数的処理T(数的推理・総合問題)という問題集からの食塩水に関する問題です。

比重0.9、1.0、1.2の溶液A,B,Cを混ぜて10mlの混合溶液を作り、重さを量ったところ、10.1gであり、BとCの溶液の量を逆に加えてしまったことに気づいた。そこで、溶液A,B,Cをそれぞれ追加し、20mlの正しい割合の混合溶液を作り、重さを量ったところ、19.8gであった。このとき、追加した溶液Bの量は何mlか?ただし、混合溶液の体積は、それぞれの溶液の体積の和になるものとする。という問題です。
@3.5ml、A4.0ml、B4.5ml、C5.0ml、D5.5ml

天秤は持ち込めそうにもないので結局方程式で、解いてしまいましたが、もっといい方法はないでしょうか?
ちなみにこの本の解説者は、方程式で解くしかない・・・
なんていう挑発的なことまで言っています。よろしくお願い致します。

Re: S木より。 ( No.1282 )
日時: 2005/5/23 23:51
名前: 吉武瞳言
試験お疲れ様でした。
本命に向けてさらに勉強頑張って下さい!

質問についてはチェックのため今後は「正答」もあわせてお知らせ下さいね。

さて、この問題を方程式で解けるのであればそれでOKだと思います。
(もし、これを方程式で5分以内に解けるのであれば
濃度関係は完璧に近いのではないかと思います。)

だた、超高速解法でやるとすれば天秤をからめて解くのでかなり速く解けます。
ポイントはABCの3つ巴の混合ときは

-----------------------------------
まず2つを混合して、それに残りの1つを
混合する、
-----------------------------------

という考え方で連結していく感覚です。
そうすることで「天秤法」を使って簡単に解くことができますので。
(ですから、この問題を方程式で解くしかない、ということはまったくありません。)


■解法 (比重=「濃度」としてやります。)
まず、最初に作った溶液が10mlで、
追加したら20mlになったので追加分は10mlとすぐわかる。
次に、予定の濃度は19.8÷20=「0.99」、
また、追加分の濃度は19.8−10.1=9.7gなので「0.97」と
これもすぐわかる。(9.7÷10)

最初の濃度「1.01」と追加修正後(予定の濃度)の「0.99」に目をつけると

なんとそのジャスト真ん中が「1.0」です!(ここがポイント)
ということは、
最初の溶液と予定通りの濃度の溶液を1:1で混ぜると、(勝手に仮定操作)
濃度1.0になる!と瞬間的にわかりますね。
(このちょっと強引でオシャレな発想が勝負の分かれ目です!)

しかもBとCは「逆の量」と「正しい量」を混ぜているのだから、
つまり、BとCは同じ量を混ぜたのと同じことなので、
(Aを除いた)「BとC」部分の混合結果はB1.0とC1.2の
ちょうど真ん中の濃度「1.1」とすぐわかる。
※ここも大きなポイントです

そして、Aの濃度0.9に目をつけると
それと(B+C)濃度1.1を混ぜた結果が1.0なのだから
なななんと、A:(B+C)の混合量の比が1:1とわかります。
※1.1と0.9のジャスト真ん中が1.0なので。(ここもポイント)
(こういう風にきれいな数字でどんどん解けるようにうまく
この問題は作ってあります)

ここまでわかれば、あとは、
冒頭で追加分の濃度を0.97と出しているので
追加分において【A「濃度0.9」】と【B+C「濃度?」】を混ぜた結果が
濃度0.97となるので、ここで天秤を組むと
【B+C濃度】は1.04とわかります。
(天秤図省略)

そして、最後にB濃度1.0とC濃度1.2の混合結果が1.04
として天秤を組めば(天秤図省略)
簡単にB:C=4:1 とわかりますね!
そして、
追加10mlのうち
A:(B+C)=1:1、すなわち5mlと5mlということが
わかっていて、
その5mlを4:1に分けるのでBは4mlとなります。

このようにうまく「ジャスト真ん中」の濃度という特徴で
非常にうまく作られた問題なので、それに沿って
逆から解けばややこしい計算なく簡単に解けると思います。

以上、時間の関係上、大雑把に解説になりましたので
不明の点があればお知らせ下さい。

Re: 質問宜しくお願いします。 ( No.1292 )
日時: 2005/6/2 18:17
名前: 吉武瞳言
返信遅れて申し訳ありません。
6月になってしまいました。

2つの箱A,Bがあり、箱Aには赤玉3個と白玉1個が、箱Bには赤玉2個と白玉2個が入っている。
今、それぞれの箱から3個ずつ玉を取り出し、Aから取り出した玉はBに、Bから取り出した玉はAに入れる。
その後、箱を1つ選び、その箱の中から1つ玉を取り出すとき、その玉が白である確率はいくらか?
ただし、箱A,Bを選ぶ確率は等しく、また、1つ1つの玉を箱から取り出す確率もそれぞれ等しい。
1   1/6
2  3/16
3   1/4
4   1/3
5   3/8



1問目ですが、
AとBから3個ずつ入れ替えても
A4個、B4個は変わりません。
そして、AB両方合わせて
合計白3個ということも変わりません。

ですから、

-----------------------------------------
例えば
3個入れ替え後のAとBが
A(赤赤白白)・B(赤赤赤白)
となったとすると、
白のでる確率は
Aは2/4、Bは1/4とすぐわかります。

そして、
Aを選ぶかBを選ぶかは「1/2」なので

2/4×「1/2」=1/4(A)
1/4×「1/2」=1/8(B)

となり、この2つは独立事象なので和の法則で
足し算してやって

1/4+1/8=3/8

となります。
---------------------------------------------
もう一つ例としてやってみると、

3個入れ替え後のAとBが
A(赤白白白)・B(赤赤赤赤)
となったとすると、
白のでる確率は
Aは3/4、Bは0/4となります。

そして、
Aを選ぶかBを選ぶかは「1/2」なので

3/4×「1/2」=3/8(A)
0/4×「1/2」=0(B)

となり、この2つは独立事象なので和の法則で
足し算(Bは確率0ですが)してやって

3/8+0=3/8

となります。
-------------------------------------------

実は、この問題では白が3個なので
AとBに振り分けると、

3-0、2-1、1-2、0-3

の4通りしかない、しかも
ABの入れ替えは同じこと(2-1と1-2は同じということ)
なので
つまり
上の方の「2例」ですべてということになります。

ですから、
どんな3個の入れ替え方を行っても
結果は3/8になるので
答3/8です。



ある商品を1つずつ包装し発送することになった。ところが、10個包装し終わった時点で、
不良品4個も包装してしまったことに気づき、不良品を見つけ出すまで1個ずつ検査することにした。
検査を始める前に予測すると、7個目で最後の不良品を見つけ出す確率はいくらか。

1  1/6
2  2/21
3  4/21
4  1/35
5  3/35


2問目は、
「7個目で最後の不良品があるには、1番目から6番目まで
に3個の不良品がくるようにすればよい。」
という表現ではなくて
「1番目から6番目までに3個の不良品がきた上で
7番目は必ず不良品がくる確率」を求める。
とすればスッキリすると思います。
つまり、
≪7番目に不良品がくる≫としたときに
他の3個の不良品が1番目から6番目のうちから
3つのポジションにくる組合わせとして
とらえればよいです。
ですから
10C4=210
6C3=20
で、
2/21となります。


以上、何か不明な点がありましたらお知らせ下さい。


以前ご案内したDVD改定版発行が遅れていて
申し訳ありません。もうしばらく掛かりそうです。
目処が付き次第あらためてご案内致します。
夏前には出せると思います。

DVD購入者です。教えて下さい。 ( No.1300)
日時: 2005/6/10 12:15
名前: OOITA
こんにちは。パーフェクト50を申し込んだXXです。昨日届いたのですがあまりの面白さに徹夜状態で「NO.6」までを立て続けに見てしまいました。ものすごくわかりやすくて、これは本当に革新的なDVDだと思いました。ただ、レジュメを先に自分で予習しないといけないという注意書きを守らなかったのですが何か悪影響はあるでしょうか。自分としてはまだ、自分自身の力ですぐにレジュメを解く能力はないと見ているので、後からレジュメを解いた方がいいかなとも思います。そのあたり教えて下さい。

ありがとうございました!! ( No.1303 )
日時: 2005/6/12 21:33
名前: 絶対合格マン
こんにちは。実はXX予備校にも既に通っているんですが、その授業で「一般知能」だけがどうしてもなじめず、悩んでいて、インターネットでいろいろ検索していて超高速解法を見つけたんです。ホームページやメルマガを読ませて頂いて、これならわかりやすく身につくのではと直感してすぐににこの前メールをしました。予備校の方の授業料もかなりかかっていたので「一般知能」一科目のためだけにあらたに申し込むのは費用的にも正直きつかったのですが、両親とも相談してあと1年全力で頑張るという約束でお金をだしてもらいました。(出世払いです。)そういう経緯があったので「もしダメな内容だったらどうしよう」という不安もあったのですが、実際に到着したDVDを見始めてそういう不安が全部払拭されて思ったとおり「ものすごくわかりやすい!」と感激しました。そして、ものすごくやる気がでてきました。これから1本1本をじっくりみて自分のものにしていきたいと思います。それから天満宮の御守りを入れていただきありがとうございました。試験会場には必ずもっていきたいと思います。それからストップウォッチの件ですが、特製の完成を待とうかどうしようか迷っています。もし完成時期がわかるようでしたらお知らせいただけないでしょうか。これからも宜しくお願い致します。

DVDの件 ( No.1311 )
日時: 2005/6/20 22:01
名前: 山がた
購入前にいろいろとご相談にのって頂き本当にありがとうございました。他の出版社の教材についても丁寧にお答え頂けて、最終的に「パーフェクト50」に決めたのですが、初回10本を早速拝見致しまして、あまりのわかりやすさに驚きをかくせません。大袈裟でなく嬉しくて涙が出そうになりました。これが先生が言われた「自分の感覚に合った教材との出会い」ということなんですね。正直言って今までの予備校での2年間頑張って受けてきた授業がいかに自分に合っていなかったかということがわかって、なんと無駄な時間を過ごしてしまったかと後悔もありますが、今日からこのDVDを繰り返し見ながら一からやり直して頑張りたいと思います。絶対合格するまであきらめないつもりです!

ダイヤグラムの演習3について ( No.1332 )
日時: 2005/7/9 14:55
名前: AABB
こんにちは。演習3について思ったのですが、この問題ではダイヤグラムを使う際、図形としてみようとしても必要なところがわからないため、一度数字を当てはめ、解いていくと解説にありましたが、ここで1:2=2:3で整合性がない。では3:3=2:2ならば整合性があるというようになってますが、何故これで整合性があるのでしょうか?僕はてっきり3:2=3:2とかなら整合性があると思ってましたので、3:3=2:2が整合性を満たすというのはどのような考え方からくるのでしょうか?基本的な質問かもしれませんが、僕には理解できないので解説をお願いします。

Re: ダイヤグラムの演習3について ( No.1334 )
日時: 2005/7/11 2:32
名前: 吉武瞳言
吉武です。
返信遅くなりすいません。
メールトライアスロン中です。

---------------------
ダイヤグラム≪演習3≫
---------------------
さて、ここでの比例式は
相似の図形の「相似比」にもとづくものです。
解説画面で言えば

・アとイが相似
・ウとエが相似

ということになります。
(アとエは相似ではなく、ウとイも相似ではありません)
したがって、
>僕はてっきり3:2=3:2とかなら整合性があると・・・
というのがウとイが相似で、アとエが相似だという意味だとすると
間違いとなります。
※そのあたり、こちらの捉え方がずれていれば再度メールをお願いします。


「相似比」というのは「2つの図形の対応する長さの比」ですから
上の2組の相似(アとイ)(ウとエ)により以下のことが見てとれます。

・「三角形アの上の辺=2時間」に対応するのは「三角形イの下の辺=2時間」
・「三角形ウの上の辺=3時間」に対応するのは「三角形エの下の辺=3時間」

これにより2:2=3:3が得られ、整合性ありとなります。
(DVDでは3:3=2:2としています。)


ご不明の点があれば何度でもお尋ね下さい。
吉武

回答 ( No.1339 )
日時: 2005/7/15 21:28
名前: しがさん

想像通りというか想像以上の内容でした。余計な飾り気がなくてビデオのスタートからすぐ始まるのも好感が持てます。ただ最初の5秒くらいがほんの少しですが映像が乱れてました。(特に問題ありませんが、一応アンンケートということで書きました)それでは、これから暑くなってきますが、お身体ご自愛下さい。
質問です。 ( No.1360 )
日時: 2005/8/4 12:00
名前: AABB
こんにちは。ちょっと質問したいのですが、仕事算の演習6で解法を見せていただいたのですが、ここで問題ではAとBの両方の管を使い、4時間で満水になり、Aだけで2時間入れ、Bだけで8時間水を入れると満水になる。ならAだけで水を入れると何時間かという問題でしたが、解法では
AとB両方で4時間だから
A 4時間 B 4時間

続いてAで2時間、Bで8時間だから
A 2時間 B 8時間
とあり、Aが2時間しかしない分、Bが4時間補う形となる。ここまでは判りますが、このAの2時間分の仕事量とBの4時間分の仕事量は同じとありますが、僕としてはこの仕事量は違うような気がするのですが、もちろん同じになるのでしょうが、僕にはここがよくわからないので解説をお願いしたいのですが。また、AとBで4時間となっているのに解説ではA 4時間+B 4時間とあります。これだと合計8時間?と判断してしまい、さらに混乱に陥ってしまってる状態なので、このあたりの解説もお願いしたいのですが。

Re: 質問です。 ( No.1361 )
日時: 2005/8/5 22:59
名前: 吉武瞳言
こんばんは。
返信遅れて申し訳ありません。

ご質問は問題文の文章の捉え方だと思います。

-----------------------------------------------------
また、AとBで4時間となっているのに解説ではA 4時間+B 4時間
とあります。これだと合計8時間?
-----------------------------------------------------

AとBで4時間というのはAとBを両方とも開いて入れれば4時間ですが
これは、
「Aのみで4時間入れて、Aを閉じてから、Bを開いて4時間入れる」
のと同じことだと理解してください。
これが解説の「A 4時間+B 4時間」の意味です。

-----------------------------------------------------------
Aが2時間しかしない分、Bが4時間補う形となる。ここまでは判りますが、
このAの2時間分の仕事量とBの4時間分の仕事量は同じとありますが、
僕としてはこの仕事量は違うような気がするのですが
------------------------------------------------------------
■Aが毎分2リットル、Bが毎分1リットルと具体的に決めて実証してみます。

AとB両方で4時間の場合・・・(A2リットル×4)+(B1リットル×4)=12リットル
A2時間とB8時間の場合・・・(A2リットル×2)+(B1リットル×8)=12リットル

これをみると、Aの2時間分がBの4時間分と同じということがわかると思います。

■A2リットル×(4−2)=B1リットル×(8−4)

※Aが2時間分減ったのをBが4時間分増えて補ったということです。

等高底比について ( No.1965 )
日時: 2005/8/11 16:15
名前: AABB
こんにちは。今度は演習10について質問があるのですが、解説では長方形ABCDがあり、辺ADと辺BCを4等分して三角形ABDより辺ABを4とするなら三角形ア、イ、ウと四角形オの隣にある三角形がそれぞれ3,2,1となることが感覚的にわかるとありますが、僕的には辺ADを4と捉えると、長方形である以上辺ABは4と置けないような気がします。もし4とすると辺ABが4で辺ADも4と考え、長方形ではなく、正方形になり問題に合わないと考えるからです。だから、ここで疑問が出てしまったわけです。なので、このあたりの解説をお願いしたいのですが。

Re:等高底比について ( No.1966 )
日時: 2005/8/11 20:46
名前: 吉武瞳言
長さが異なるADとABを同じ4にするというのが
感覚的に違和感があるようであれば
本当に、長方形ABCDをAD=ABの正方形として
考えてみてください。
この問題のような比のみで面積を決定するタイプは
全体が正方形でも長方形でも、または平行四辺形でも
その内部の図形の面積比は同じになります。
※辺のタテヨコの長さとは無関係であり、
これが「等高底比」の究極の考え方です。

辺の長さが実数(cmなどの単位付き)で示されているわけでは
ないので比のバランスだけで解ける例として見て下さい。

実際に「正方形」を紙に書いてヨコの辺を4等分して
演習10の図と同じように線を引けば、
内部にできる斜線の各三角形の面積のバランスが
「長方形」の場合と変わらないことが直感的にわかるはずです。

もし、わからない、というときは、あらためてご質問下さい。
吉武



PAGE-1   PAGE- 2   PAGE-3   PAGE-4   PAGE-5   PAGE-6   PAGE-7   PAGE-8

題名
所属・名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント   wasureta koro ni okotae suru kamo.

2006年10月15日以降、質問や投稿は、サイトトップページまたは右記フォームよりお願い致します。 → フォーム


★HOME              ★BACK