■はじめに

「あなた」が使っている参考書の解説を「あなた」が理解できないのは、

「あなた」の頭が悪いのではありません。

その参考書の解説が、

あなた向きでない (あなたの思考回路にフィットしていない)か、

または、そのテキストの構成や内容が本質的に優れていないか、のいずれかです。

いずれにしても、「自分の感覚に合った参考書」、「わかりやすく理解しやすい書」に

少しでも早く出会うことが

「一般知能(数的処理)」を得意科目にするために一番必要なのです。


志高く理想と目的を持って公務員を目指して日々勉強をされている皆さんが

自分に合わない「ダメな参考書」で貴重な時間を無駄にしているとすれば

それは本当に憂うべきことです。

一刻も早く「本質的に優れた参考書」、「自分の感覚に合ったテキスト」を見つけるために、

このページが、皆さんの少しでもお役に立つ情報となっていれば嬉しく思います。



≪ダメな参考書の見分け方≫


   
    ■「あなた」が数的推理ができるようにならないのは「あなた」のせいではない!■

「あなた」が使っている参考書の解説を「あなた」が理解しにくいと感じたり、まったく理解できなかったりするのはその参考書の解説(解法)が「あなた向きでない」ことがほとんどです。

沢山問題が載っていて、1問1問丁寧に解説してあって「お、これはわかりやすそうだ」と一見思えても、実は肝心の問題が難易度順でなく、ただの「羅列」にすぎない参考書も多い(というか残念ながらそういった本がほどんどです)ので注意が必要です。こういうテキストは、特に初学者にとっては、その思考を混乱させるだけで、「一般知能」が得意な人以外はアウトです。

また、特に文系で数学が苦手な方は、難解な公式やどんな問題でも方程式だけで解説しているような類のテキストに惑わされて「数的推理って難しいなあ」と苦手意識を植えつけられないように気をつけて下さい。

一般知能(数的処理)が不得意だと感じている方は、まずはとにかく「自分の感覚に合った参考書」に少しでも早く出会うこと!それが「一般知能」を得意科目にするために一番最初に必要なのです。

                                 Fighting!!


・公務員試験の「一般知能(数的処理)」という科目は、範囲も広く、その内容も多岐に渡るため、特に初学者の方は、最初に購入する参考書や教わる先生の「解法」がこの科目を好きになれるかどうか?そして得意科目になるかどうか?に大きな影響を及ぼします。

でも、表紙などの見かけはよくても、
「このテキストは「買ってはいけない!」といわざるをえないものが少なからず書店の本棚に並んでいたり、平気で大手予備校のメインテキストになっていたりするのが現状です。

そして、受験生ならみんな知っているようなベストセラーの「有名な本」にも数学が苦手な人にとってはつらい内容がかなり見受けられたりします。あまりにひどいものはその出版社や書名をあげて具体的に指摘したいのはヤマヤマですが、ここでは個別の具体性に対してではなく、少し表現を抑えて控えめに(笑)一般化した形で書きます。


● ダメな参考書の見分け方「その1」

・数的推理の「速さ」分野に以下の項目があるかどうか見て下さい。

「★通過算」
「★流水算」

この2つの問題の特徴をきちんと解説してあるかどうか、をチェックしてください。
「速さ」という分野において、「通過算」と「流水算」の特異性さえもきちんと書かずに「速さの問題」として1問ずつただ並んでいるだけ、といった構成のテキストはアウトです。


● ダメな参考書の見分け方「その2」

・数的推理の「売買算」を見て下さい。(参考書によっては「損益算」などとなっていることもあります)

そこに掲載されている問題が「商品」が「単数(商品1個だけ)」の原価・定価・売価の問題なのか、「商品」が「複数個」でてくる問題かをチェックして下さい。
この単元では、はじめに「単数の問題」から解説して、次に「複数個の問題」に移っていくことが必要です。いきなり、『仕入れた個数の20%キズがついていたので1割引きして売った・・・云々』というようなややこしい設定の問題で始まっているものは初学者には不向きです。


● ダメな参考書の見分け方「その3」

・数的推理の「目次」を見て下さい。そこに「ニュートン算」という項目がありますか?
あった場合はその「解法」を見て下さい。未知数の文字が3つとか入った方程式の解説のみしか載っていなかったら要注意です。数学が苦手な人は、その式(方程式)を見ただけでイヤになるでしょう。
ニュートン算の解法は何通りかありますが、どれを採るかは別にして、少なくとも「方程式の解法しか書いていないもの」は、数学が苦手な人にとってはつらいと思います。


● ダメな参考書の見分け方「その4」
・あなたの使っている参考書には「回転」という項目がありますか?もし、そこに、「平面図形の円の自転と公転の問題(大円と小円の回転の関係の問題)」と「回転体(回転軸のまわりにできる立体の問題)」が混在していませんか?もし、混在していたら、分野単元の切り分けが安易だといわざるをえません。その本の編集方針にもよりますので断定はできませんが、各分野の問題を「見かけ上だけ」で判断して、底の浅い目次が作られてい可能性があります。



● ダメな参考書の見分け方「その5」

      近日掲載予定


★「参考書などの著者の方」や「一般知能科目」を「教える立場の方」で私の上記見解について「それは違う」というご意見があればご指摘下さい。
すぐに折り返し私なりの考え方をお答えしたいと思います。


(注)※ここでいう「ダメ」とは、主に中学高校を通じて「数学」が苦手だった人、特に「方程式」や「数式のみで示された公式」が不得意だった人にとっての「ダメ」という意味です。
どんな試験科目でも万人向けの参考書はありえません。ですから例えば理系で数学が得意な方には逆にここで紹介した「ダメ」なタイプのテキストが「良い参考書」となる場合もあると思います。そのあたりをご理解の上で「参考」にして下さい。


  ★BACK        ★HOME