■著作権について・・・(その2) 本文へジャンプ
公務員試験問題の著作権について


≪問題≫と「解説」の関係

公務員試験問題 (以下≪問題≫と表記します) に関しては、国や地方公共団体等の発行物として著作権があるという法律解釈に従います。
それは、当サイト内のコンテンツや メールマガジン及び当社の発売している商品(DVD等)に おいて使用している≪問題≫は「複製・複写」や「頒布」行為ではなく、法律(著作権法第32条)で認められている「引用の目的上正当な範囲内」で取り扱っていて、不適当な部分はないという認識です。  
すなわち、当方のコンテンツの主体は≪問題≫ に対する「解説」であって、≪問題≫に対する解法のオリジナリティが商品価値を持つという考えです。
 しかし、≪問題≫の作成者・発行者側か らの解釈において、当方の販売する商品に著作権上不適当な部分があると判断された場合は、その旨をご指摘ください。
当サイトトップページ最下部に設置しているメールフォームよりご連絡頂ければ、該当部分に関して訂正 や削除などの適当な処置を速やかに行います。
その他、公務員試験の問題と解説の関係について著作権法に則って一般的に確立された解釈及び運用事例などがあれば随時ご教示頂ければ幸いです。  
一般知能速解センター  
ウェブ管理責任者  吉武瞳言
 
 【2004年 4月1日】  改定 【2006年 10月1日】 【2007年10月5日】



                      ☆前のページへ戻る