●NO.18 円の回転                  超高速解法DVDシリーズ 最新版

★円の回転問題を攻略するには、まず円の「自転と公転」をしっかりと見分けることです。
★DVDの中で解説している演習問題のうち下記3問の
「タイムトライアル」でご自分の理解度と実戦習熟度をチェックして下さい。

≪タイムトライアル≫
 
・レベルA
 ・レベルB
 ・レベルC


★数的推理や空間把握のどちらでも「円」はよく出題されますが、この「円」の問題をきっちり解くにはまず、

      -----------------------------------
      その「円の問題」をパターン分類する!
      -----------------------------------

 ことが必要です。ということで、ここで「円」の問題をしっかり分類しておきましょう。

//////////////////////////////////////////////////////////////

          ≪円の問題の分類≫

        1.平面図形としての「求積」

        2.空間把握としての「軌跡」

        3.大円小円の「自転と公転」

//////////////////////////////////////////////////////////////

もうちょっと詳しく書くと

 ≪ 円 の 問 題 の 分 類 ≫

 1.平面図形としての求積
   面積を出せ、とか角度はなんぼや、とかいうほとんど数学的なカタックルシイ問題です。
   扇形とか中心角とか円周角とか接線とか内接円とか外接円とか接弦定理とか色々でてくるタイプです。

2.空間把握としての軌跡

   円が「転がる」ときのその円の中心や円周上または円内部の点の動いた跡の問題です。
   円の外側に何枚かの花びら模様ができたり、円の内側に手裏剣っぽい模様ができたりするやつですね。

 3.自転と公転

   大円を小円が転がる問題です。何回転したか?とか円板の矢印はどっち向いてるか?
   とか時には矢印の代わりに「人の顔」が登場したりする微笑ましい(笑)問題です。

★なーんだ、たったこれだけか、と思われるかもしれませんが実は市販のテキストではこの分類がゴチャマゼになっていたりして、それが受験生を混乱させ悩ませています。

★特に「円」といえば「コロコロ転がる」「クルクル回転する」というイメージのためか上記2と3をごっちゃにした上に「回転体」という本来「円の問題」ではないものが脈絡なくイッショクタに解説されたテキストも見受けられます(うーん、世も末じゃ〜)。ということで、『超高速解法』では上記3つのパターンをきっちり切り分けて考えていくのである。エッヘン!

★実は「円」が苦手な方に最も即効性があるのは、3の
「自転と公転」の問題です。
例としてあげる次の典型的な「問題文」で、問題パターンと図をイメージして把握してみて下さい。
  
------------------------------------------------------
●直径6cmの小円Aが直径24cmの大円Bの外側を滑ることな
 く転がりながら1周するとき小円Aは何回転するか。
  
 1.1回転
 2.2回転
 3.3回転                 
 4.4回転      
 5.5回転                  ≪正答 5≫

 ☆正答は4回転ではありませんので念のため。
------------------------------------------------------
●真上に向けて矢印「↑」を書いた直径10cmの小円板Aが直径
 25cmの大円板Bの周りを滑らずに回転しながら1周してもと
 の位置にもどったとき、小円板Aの矢印の方向はどうなるか。
  
 1.↑
 2.←
 3.→                 
 4.↓      
 5.1〜4以外の方向             ≪正答 4≫
------------------------------------------------------

・このような円の「自転と公転」の問題は、いくつかの「知識」をきちんと覚えていれば、少々難しい問題でも簡単に解くことができます。その知識の整理のしかたがポイントなのですが・・・。そしてそのポイントを押さえる前にまずは円の問題を3つに分類して見極められるようになって下さい。今すぐお手持ちの一般知能のテキストでどのように分類されているか確かめてみて下さい。

 「超高速解法」では、上記3つをズバッと次のように簡潔な言葉
 で分類します。

/////////////////////////////////////////////////////////////

        ≪ 円 問 題 の 分 類 ≫

          1.円 の 求 積
          2.円 の 軌 跡
          3.円 の 回 転

  ★「円」の「求積」「軌跡」「回転」です!

/////////////////////////////////////////////////////////////


★円問題を攻略するためには、この3つの分類をはっきりさせてから、その後で、ひとつひとつしっかり学習することが肝要です。注意点としては、市販の参考書などにおいて、例えば「自転と公転」の解説で必ず登場する「小円と大円」の比を「1:m」とか「1:n」とかにしてあるものはちょっと怪しいかもしれません。だって、いつも「小円が1」だとは限らないじゃああーりませんか!?
★このDVDでは「円の回転」の基礎編です。「基礎編」なので「高速性」より「確実性」に重きを置いてます。この単元が今現在不得意な方には抜群の効果があるはずです。そして、上級者の方はこの講座で復習も兼ねた「知識のパテ埋め作業」を行って、この単元をより確実な得点源にして下さい。


              ★超高速解法DVDシリーズの概要と特徴


≪受験生のみなさんの声≫
●私が通っている予備校の授業では大円と小円の比率を「n」で説明されたので数学アレルギーの私はNGだったのですが、このDVDで完全理解できて本当に嬉しいです!(A県庁一般事務 合格 T.Yさん)
●結構得意なつもりだったのですが、内側回転の時の回転方向までは意識していなかったので「知識のパテ埋め」として購入した甲斐がありました。(東京特別区事務 合格 M.Eさん)
●毎回のことですが、とても内容がとてもわかりやすく、また親切丁寧な梱包の仕方にもとても満足です。先生のDVDは何よりやる気を出させてくれます。(市役所 合格 S.Hさん)


★さらに多くの声はこちら


★BACK       ★HOME